white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年下半期邦楽ベスト5
 2013年ももう一ヶ月も前に終わってしまいましたが……他のブログ見て、あ、まだベストとかアップして良いんだ♪と開き直り気味に書いてみる。ただ、自分が好きな音楽を書いているだけなので、気になったら聴いてみてくださいね。最初の評価と変わったアルバムもあるけれど、とりあえず、去年後半の邦楽から五枚ほどご紹介。

★5位:Poet-type.M「White White White」
◆Poet-type.M「Departures」





Good Dog Happy Menのフロントマンである門田匡陽の帰還。バンドが人生だったことを本人が改めて、自己認識したアルバム。テクニカルでも歌が際立って巧い訳でもないけど、この人が書く曲はやはり耳に残る。もう少し、こだわりを捨てて、メジャーになって欲しいなーと思う。


★4位:andymori「宇宙の果てはこの目の前に」
◆andymori「宇宙の果てはこの目の前に」





最初は大したアルバムではないと思っていたのだけれど、スルメアルバムでした。再生回数で改めてよく聴いていたことに気づいた(笑)ラストアルバムとして作っているので情緒的過ぎて駄目だったんだけれど、最後にしてバンドが再生したアルバム。


★3位:PERIDOTS「concourse」
◆PERIDOTS「ホーム•ムーヴィー」





デビュー時の彼の活動ペースを知っていると奇跡のような3rdアルバム。また、本作で前作以上に外に向かって歌っているようで音源を重ねるごとにどんどん開かれていく。年齢的には三十代後半なので若手ではないのだければ、円熟味のような空気感すら感じさせてくれます。


★2位:(((さらうんど)))『New Age』
◆(((さらうんど)))「きみは New Age」




ポップス直球。あまり難しいことは考えずに、横揺れで聴きたいアルバム。夏なサウンドだけれど、海に向かう移動中のサウンドトラックみたいな、清々しい音源です。ゲストボーカルの扱い方も巧いです。


★1位:スピッツ「小さな生き物 」
スピッツ「小さな生き物」





1位だからと、マニアックな音源期待した人、ごめんなさい!!(笑)
どんなにメジャーでも良いものは良いっと言いたい。初期スピッツのようなオルタナな感じが戻ってきて、何度、この人達は若返るんだ?と疑問に思うぐらい蒼い。もはや、チープな言葉だけれど、ロックに選ばれたから歳を取らないといって良いんじゃないかと。配信全盛の時代にアルバム一枚通して聴きたいアーティストがどれぐらいいるだろう?スピッツはそんな数少ないバンドだ。


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


Queens Of The Stone Age『...Like Clockwork』
 ジョシュ•ホーミ率いる5人組みのアメリカのロックバンド、Queens of the Stone Age (クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ)、2013年発表の5thアルバム「..Like Clockwork」。

 本作のゲストはエルトン•ジョン、トレント•レズナー、アレックス•ターナー、デイヴ•グロールetc……ジョシュの人脈をフルに活かした形でとてつもないメンバーを集めたなーという印象です。それすらも、バンド内の1つのピースに組み込んでしまっているのが本作の凄いところ。3rdアルバムであり歴史的な名盤である「Songs for the Deaf 」の再来と言っても過言は無いでしょう。
 前作より全体的に曲のテンポを落とした分だけ、粘るようなグルーヴ感や絡み合うような各パートを感じることが出来て、素晴らしい音源になっています。全10曲収録されていますが、捨て曲なし、曲ごとにカラーも異なっていて、スタジオ音源とは思えないぐらい生々しい演奏で、最高です。♯5「My God Is The Sun」のようなラウドな部分と♯10「…Like Clockwork」のようなメランコリーな部分を併せ持っているアルバムで、個人的には彼らの既発の音源で一番良いと思いました。
 アルバムの収録曲順も、10曲で止めてボーナストラックも入れないことによって、より完成度が高まったと思います。それにしても、曲をドラマチックに盛り上げるドラムと、メロディアスなギター……本作には真新しさはないけど、スタンダードでポップ直球な感じで完成度が凄いです。ジョシュはロックとは何かっていうのをしっかり分かっているんでしょうね。ひさびさにテンションが上がる名盤でした。とりあえず、ギター&ハードロックが好きなら、聴いておいて損はないと思います。

ベストトラック:♯5「My God Is The Sun」


オススメ度:★★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


Arctic Monkeys『AM』
 英国を代表するバンドとなったシェフィールド出身の4人組のロックバンドArctic Monkeys(アークティック•モンキーズ)、2013年発表の2年ぶりとなる5thアルバム「AM」。

 近年だとオリンピックでも演奏していて、そんなにポップなバンドじゃないだろうって心の中でツッコミましたが、少しづつ、流行で聴くバンドから、本当に好きな人が聴くバンドに変化してきたように思います。デビュー時のようなまくしたてるようなフロアアンセムこそ無くなりましたが、4thアルバム辺りでクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ人脈と絡み始めたぐらいから、良い意味で地味で真っ当なロックバンドに変わりつつあります。本作は3rdと4thアルバムの総決算的な印象で、BPMとリズムだけに頼らないメロウな楽曲が俄然良くなっています。♯6「No. 1 Party Anthem」、♯7「Mad Sounds」辺りの聴かせる曲がとてもストイックな感じで枯れていて、良いですね。♯7「Mad Sounds」なんかは、初期のプライマル•スクリームのアルバムにバラードとして入っていそうな曲で、今までの彼らのイメージを覆してくれました。その一方でハードロックのようなリフ主体の♯1「Do I Wanna Know?」、♯2「R U Mine?」もダークな感じも流石です。この辺りはクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの影響も大きいのでしょうが、ちゃんとオリジナリティをもってアップデートしていて、彼らよりアプローチ的に英国的というか、スタイリッシュです(笑)
 個人的にArctic Monkeysは2ndで終わってしまったかなーと思いながらも、2000年代の代表的なバンドとして標本的に今まで聴き続けていたのですが、本作で一皮剥けた感じがします。本作は特に尖っているアルバムではないのですが、今までのアルバム以上にリピートして聴けそうなスルメアルバムになっていると思います。今更、Arctic Monkeys?という人ほど聴いて欲しい良盤です。

ベストトラック:♯1「Do I Wanna Know?」


オススメ度:★★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


Ropes『Usurebi 』
 東京を中心に活動するachicoと戸高賢史による2人組のユニット、Ropes(ロープス)による2013年発表のデビューミニアルバム「Usurebi 」。

 前身バンドであるKARENの解散後に始めたユニットですが、2年ほどかかってやっと初めての音源リリースになります。KARENが急な解散で、ART-SCHOOLのギターの戸高と再びユニットを結成したのは自然の成り行きな感じがしましたが、音がグランジやオルタナな感じのギターではなく、アコースティックなものが中心であったり、あまり歪みを重視していないギターなので、少し彼のイメージからすると新鮮です。achicoが相変わらずの母性的でハスキーなというか、個性的な声の持ち主なので、どんなバックトラックであろうと、彼女の色に染めあげてしまいますが、本作も予想通りな印象です。
 ♯2「usurebi」、♯5「パノラマ」辺りがachicoの声に戸高のギターが寄り添うように弾いていて、耳に残りました。ギター以外は予想通りな感じですが、少し地味な感じがするので、それが強力にプッシュしにくいというか、残念です。ただ、KAREN以上にachicoの声が前面に来ているので、好きな声であれば是非とも聴いてみてください。

ベストトラック:♯5「パノラマ」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


the band apart『街の14景』
 東京を中心に結成された4人組のロックバンドthe band apart(ザ・バンド・アパート)による2013年発表の2年ぶりの6thアルバム「街の14景」。

 相変わらずポストロックとミクスチャーロックを混ぜたような雑食サウンドとお洒落なメロディライン……イメージ通りの彼らの延長と言えます。ただ、本作は震災以降の音源から心境が変わったのか、ほぼ全曲日本語詞で歌っていることでしょう。あまり日本語詞に聴こえないような発音ではありますが、彼らのお洒落感が減退したような。喩えるなら90sのちょっと地味めなビジュアル系ボーカルのような感じとでも言えば良いでしょうか。お洒落とダサさが同居している感じ(笑)
 ただ、後ろの演奏やアレンジは流石。安定した演奏能力と音数の削ぎ方とかは、やはり偏差値が高い感じのロックです。前作と比較すると明るめの曲調が多くなったような印象を受けます。♯2「ノード」、♯4「夜の向こうへ」、♯13「8月」辺りが耳の残りますね。跳ねるようなカッティングのギターが印象的で演奏良いです。ただ、全体としては、やはり今までのファンは絶賛でしょうが、新規のリスナーにとっては敷居が高いような気もします。このバンドって演奏能力のほうに耳がいっていまう、歌モノバンドとしては珍しいバンドなので少し薦めにくいです。でも、プレイヤー側をはじめ、熱烈なファンが多いので、試聴して気になったらアルバムも手にとってください。

ベストトラック:♯2「ノード」


オススメ度:★★★★



暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。