FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2012年下半期洋楽ベスト5
 2012年ももう年末に差し掛かろうとしています。ということでもはや恒例となっていますが、洋楽の2012年下半期洋楽ベスト5をお届けします。前半戦以上に個人的に聴いた音源に良作が多くてかなり悩みました。でも、いつも通り、独断と偏見でズバっと行きますっ!!

★5位:Four Tet『Pink』
◆Four Tet「Locked」




前作から発表されたシングル曲を中心にリリースした音源を集めた企画アルバムになります。企画アルバムを選ぶのは反則かもしれませんが、文句無しに良いっです。アルバム冒頭から原始的なリズムと交差するシンセ音、前作以上に音数を絞っていて、更に研ぎ澄まされています。ここまで音数を絞って記名性の高いエレクトロニカを作れる人って本当に少ないと思います。企画盤なのであまり話題にのぼりませんでしたが、隠れた名盤だと思います。

★4位:Ariel Pink's Haunted Graffiti『Mature Themes』
◆Ariel Pink's Haunted Graffiti「Only In My Dreams」




前作がとても混沌していて、アリエルの奇才っぷりが発揮されていて、無理やりに色々な時代の音をまとめあげたようなローファイなアルバムでしたが、本作でも相変わらず多ジャンルを飲み込みながらもB級感は健在で素敵です。前作アルバムである「Before Today」に並ぶぐらい、エレクトロっぽい曲やブギー、チルアウトなどもあり音の闇鍋的なアルバムであり、1人のアーティストがこれだけのアイディアを持って具現化出来てしまう希有な例だと思います。曲ごとにジャンルごとギアを変えているように感じます。とても器用でいて、パワフルです。売れるかどうかは別問題として(笑)、この時代の数少ないロック畑の天才だと思います。

★3位:The Lumineers『The Lumineers』
◆The Lumineers「Ho Hey」




これが結成から10年目にして初めてのアルバムなのですが、その時間分だけ熟成してきたのか、デビューアルバムとして完璧過ぎます!!蒼いメロディや時々、ヨレるボーカル、スカスカの演奏隊など、未完成な部分を含めて、素晴らしいバンドです。ギター&ボーカル、チェロ&ピアノ、ドラム&パーカッションという最小限のバンド構成ながら無駄がなく、音はカラフルです。マムフォード&サンズはそのカントリー路線の完成度と曲の良さで一気に人気に火がつきましたが、このThe Lumineersも同じようにブレイクするのではないでしょうか。全くノーマークでしたが良盤です。日本語盤は来月に発売するようです。

★2位:The XX『Coexist』
◆The XX「Angels」




メンバーの脱退と、前作から三年という長いスパンにどうなるんだろう?という不安もありつつ、聴いてみましたが、素晴らしいです。前作で一気にブレイクし て、ツアーなどもこなし、結局一年の休暇を取った後に制作されましたが、音の路線としてはブレていません。彼らが休んでいた間 にダブステップもジェームス・ブレイクのブレイクなどにより注目が集まり、彼らの先見性が証明されたように見えました。よりビートや声が強調されているの ですが、フロア寄りなのにメロウなままという、なかなかテクニカルなことをやっています。相変わらず深夜に1人で聴きたくなるような孤独の音楽です。

★1位:Newton Faulkner『Write It On Your Skin』
◆Newton Faulkner「Clouds」




三年ぶりとなる3rdアルバムになります。本作はデビューアルバム「Hand Built By Robots 」みたいにアコースティックギターを主軸にして、1人でどこまで出来るかを更に突き詰めたアルバムになっていて、曲、演奏ともに素晴らしいです。アレンジもニュートンの声とギターを活かすべく、最小限に絞っていて、何が「売り」であるか長所を自覚しているなーと思いました。また、今まで以上にボーカルトラックの表現力にこだわっているようで、実際に表現方法自体もバリエーションが増えているようです。ただ耳に残るグッドメロディとグッとくる歌があるという時代性に左右されない隠れた名盤だと思いました。本作もやっと来月にソニーから日本語盤が出ます。日本側のレーベルの仕事が遅過ぎるっ……なんでこんなに後回しにされているのかよく分からないぐらいの名盤です。

暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


エコモードってマジックワードだと思う
ちょいと本業のほうが忙しくなってきたので、更新のほうお休みします。ええ、エコモードで更新ということでお願いしますっ(笑)
ここのブログは、音源を節操なく取り上げるから、中の人が何人かいて分野ごとにレビューしたりとか、レビュー枚数多過ぎるから一枚ずつ聴いていないんじゃないかとか言われてるけど、全部1人でやってますとも。うん、誰も信じてくれないけどさw

アフィリエイトなんて儲からないの!!いつも、一ヶ月辺り、数万前半ぐらいのマイナスだぜーい;ただ、自分の好きな音楽が一人でも多くの人に聴かれたり、迷っている人が地雷になっている音源を買ってさ、もう音楽にお金を使わないっとか思って欲しくないなーと世界の片隅で細々と考えている訳です。だから、ここ数年で10枚前後、直接メンバーが知り合いのバンドも取り上げてきたけど、全く肩入れしていないです。読んだ当人から、もっと「よいしょ、してくれない?」ってメールくるぐらいにはね。他の記事の信頼度も落ちるから、全く相手にしなかったり。更新頻度は落ちるかと思いますが、引き続きよろしくです!!


Etymotic Research HF5

 個人的お気に入りのイヤホンブランドであるEtymotic Research(エティモティック•リサーチ)のER4Sを愛用してたんだけど、断線したので先週、HF5を買った。相変わらず一万円近いイヤホンとは思えないぐらい貧乏臭いパッケージと本体なんだけど、外で聴く分にはオーバースペックなぐらい音が良い。ER4Sより低音を強調した感じだけど、外で移動中に聴く分には全く関係ないね。Etymotic Research自体、補聴器のメーカーで日本ではマイナーな存在だけど、耳栓な感じのイヤホンが大丈夫なら、かなりコスパ高いと思います。付け方が捻るようにキノコ上の先端部を耳の中に突き刺さないと真価が発揮できないので、挿入感が駄目って人も多いのですが、正しく付けられると一万円しないイヤホンとは思えない音が鳴ります(何本もイヤホンを彷徨った経験から他社の二万円前半のモデルぐらいな感じ)。でも、安っぽいデザインと素材なのが玉に瑕ですがw

暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽


円盤にこだわる人々
 CDが売れなくなっていると言われて、早10年ぐらい経ちますが、その間に結局配信の方も頭打ちになり、音楽業界の閉塞感自体が更に上がってきました。そんな中で、海外から見れば、日本は未だにCDが売れているほうだったりします。日本人のコレクター気質と言いますか、紙ジャケットやBOXの作り方が丁寧だったりとそもそも物に対するこだわりが、円盤を2010年代の環境でも日本で生かしていると言えるでのはないでしょうか。また、AKB48を始めとしたアイドルは握手券やトレカとCDを抱き合わせたり、ジャニーズはポスターで釣ったり、ビジュアル系バンドはヤケに同じCDのバージョン違いを作ったりとレコード会社側もたくさんお金を使わせようと商売に暇がないですw

 少しづつCDやDVDの生産コスト自体が下がってきた事もあり、DVD付きでそれ自体に付加価値を出す動きもあります。DVDにPVだったり、ライブ映像を収録してCDを高値で買ってもらおうという動きが主流になりつつあります。
 そこで注目ししたいのは、若手シンガーソングライターとして人気を集める星野源ですが、彼はユーチューブ自体を巧く利用してキャラクターを売っています。他アーティストですと、ユーチューブにPVをフル尺でアップするか、前半分ぐらいの編集版をアップするか、全くネットにアップしないかの三択でした。しかし、星野源は、今までオマケとして扱われていた初回盤のDVD自体に価値を見いだそうとしました。そのため、ユーチューブにアップしたのはPVの一部とDVDに収録されているメイキングやライブ映像などを自分の解説とともにアップしました。そうすることにより、ネットから音源自体を引っこ抜くことを阻止しつつ、初回限定盤がいかにお買い得であるか、価値があるのか、自分が面白い存在であるのか(笑)を巧くプレゼンしています。CMをCMとして機能させつつも、あまりあざとくやらないのが巧いです。CDみたいなそもそも趣味趣向性の強い商品だから成り立つのかなーという気もしますが、面白い販促の仕方ですね。

 音自体の流通コストがネットによって安くなっているのだから、もっとリアルなものを売る時にはわざわざお客さんに買いにいく価値をつけないと駄目ですよね。その辺りが分かっている人が増えれば、まだまだ円盤で売る事の可能性はあるのになーと思いました。

星野源「くだらないの中に」(予告編)


•初回限定盤


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽


2012年上半期邦楽ベスト5
 今回は2012年上半期の邦楽ベスト5をお届けします。比較的、前半戦はリリースされた枚数の割には良作が多かったような印象を受けました。

★5位:the pillows『トライアル』
◆the pillows「トライアル」



正直前作アルバムである「HORN AGAIN」は、シングル曲以外はパッとしないアルバムでしたが、今回は歌詞やメロディにかなり凝っていることが分かりますし、ロックが本来持っている疾走感を取り戻しています。震災以降の感じたことをどう昇華してゆくかという葛藤の中で、結局自分の中を見つめ直す作業に戻ってゆく過程が、ピロウズというバンドで成功を手にした山中さわおに初期衝動を取り戻させたように感じました。三割バッターのように三枚に一枚良いアルバムを彼らは作っているように思うのですが、本作はそれに該当すると思います。昔からのファンも最近ピロウズを知った人にもオススメです。

★4位:Meme『Alku Ringo』

◆Meme「Alku Alku」



茨城県在住のスリーピース音響系バンドであるMeme(ミーム)によるデビューアルバム。音響系を代表するシガーロスや新鋭であるカイト辺りをしっかりと研究しているなという印象を受けます。ただシガーロスほど毒や攻撃性を持っているわけではなく、他の日本の音響系バンドと同じようにアンビエントな方向に振られています。日本人離れした北欧っぽいメロディセンスと音響系の先輩バンドをしっかり研究して自分たちの血肉としている数少ないバンドだと思います。エレクトロニカ系のバンドであるarが現在活動している日本のバンドの中では音的に近いでしょうか。

★3位:TK from 凛として時雨『flowering』
◆TK from 凛として時雨「haze」



リズム隊、2人の存在感が何より凄い!!その2人とTKの手数の多いギターが合わさって、かけ算になっています。ハッキリと言って、凛として時雨以上のリズム隊自体が個性的で巧いので、小手先のリフに頼らなくても元からあったバンドのようなグルーヴ感が産まれています。本作は、凛として時雨以上に、ピアノや弦楽器が入る事によって、より映像を喚起するようなサウンドになってます。凛として時雨が好きな人はマストなアイテムです。

★2位:PERIDOTS『Follow the Stars』
◆PERIDOTS「異常気象」



デビュー時から知っている人は、まさかの2ndアルバムと思えるでしょう、それぐらいペリドッツ自体がマイペースな活動なので(笑)前作がライブで演った曲をそのままの勢いをどうパッケージするか?というところが目標だと勝手に思っているのですが、本作では、デビュー時からある曲から(♯1「海と塵」や♯4「異常気象」)、去年できた♯3「Teenagers」や♯10「andante」まで今までの総括的なアルバムになっています。また、弾き語りワンマンライブからの影響を還元したのか、アコギと彼のボーカルを中心に曲を構成していて、前作と比較するととても伸びやかで温かみのあるアルバムになっていると思います。タカハシの相変わらずのファルセットボイスとR&B寄りのボーカルスタイルが遺憾なく発揮されています本作は、前作以上にゆるい感じですが、何度もリピートしていくうちにジワジワと染み込んでいくようなスルメアルバムになっていると思います。

★1位:Psysalia Psysalis Psyche『#7』
◆Psysalia Psysalis Psyche「the United States of Psysalia」



本作リリースツアーファイナルで惜しくも解散してしまったPsysalia Psysalis Psycheのラストアルバムになります。 前作で基調としていた、UKの2000年代のガレージロックとツインボーカルという個性を軸にしているのですが、それだけに留まらずに、♯6「2.5D」みたいなサイケな曲も鳴らせるようになって闇鍋感がアップしています。また♯10「We Are The People」みたいな正統派な歌モノ(ちょっとビジュアル系バンドみたいなミックスですがw)の曲を歌ったりと今まで禁じ手にしていたポップな部分まで解禁していて、このバンドの底力が分かる音源になっています。また、ツインボーカルの掛け合いやギター、その他のパートの絡み合いが有機的でバンド感が素直に良い一枚です。もっとこういうカッコいい(泥臭いw)バンドが日本でも売れて欲しいなーと思わせてくれる音源でした。今年前半はかなりリピート率が高かった気がします。


次点では、plentyのフルアルバムがサポートが良かったのもあって、デビュー時からの独自の世界を研ぎ澄まして良かったです。その他もピープルやThe Earth Earthのデビューアルバムなど佳作が多かったです。紹介したもので聞き逃したものがあったら、是非とも手に取ってみてくださいね。

暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


2012年上半期洋楽ベスト5
 2012年ももう前半戦終わりですね。今回は、洋楽の2012年上半期洋楽ベスト5をお届けします。今年は春ぐらいから、5月にかけて良盤ラッシュでした。気になったのがあったら、是非とも聴いてみてください。

★5位:The Koolaid Electric Company『Random Noises And Organised Sounds』
◆The Koolaid Electric Company「Home」



 本国で500枚しかプレスされなかった幻のデビュー自主音源のリリースとなります。イギリスのバンドってぐらいしか前知識がなかったのですが、これは間違いなく掘り出し物です!!……でも、シューゲイザー好きに限るという注釈付きですが(笑)重なってゆくギターのカッティングとサイケなまでのギターレイヤー、ダウナーな感じで歌うボーカルとシューゲイザーに優等生という言葉があるとすれば、このバンドがRIDE系の優等生に当てはまるのではないかというぐらいステレオタイプな感じです。
 また、そんな中で、他のこの手のシューゲイザーバンドと違うのは全体的に暗くないというところでしょうかwアルバムのジャケットの蛍光ピンクを見れば分かるのですが、ちょっとトロピカルでサイケです。

★4位:Mirroring『Foreign Body』
◆Mirroring「Fell Sound」



揺らぐようなフィードバックノイズとJesy Fortinoによるウィスパーボイスが浮かび上がるようにメロディを奏でる。それに付随するアコギのアルペジオや浮遊感のあるアレンジや装飾音の乗せ方とかもバランスが良いですね。シューゲイザーを中心にフォークとロニカ、サッドコア辺りを巧い感じで取り入れていて、全6曲ともに、とてもメランコリーで深いです。ボーカルとそれ以外のトラックの境界の溶かし方などもシューゲイザーの流儀に乗っ取っていますね。
 特にアルバム冒頭の暗黒シューゲイズな♯1「Fell Sound」から、ミニマルなアコギのリフで展開する♯2「Silent From Above」、そして10分近い長尺の不穏で一筋縄にはいかない印象を受ける♯3「Cliffs」までの三曲のクオリティが高いし、三曲ともそれぞれに曲のカラーが立っていて、彼女たちの音楽的な教養の深さと時代の音に対するアンテナの高さを感じさせます。

★3位:Sigur Ros『Valtari』
◆Sigur Ros「Ekki múkk」



四年ぶりとなる待望の新作です。前作「残響」で外の世界に向かうような爆発するような躍動感を鳴らしてみせた彼らが本作では、3rdアルバムである「()」のような内省的な世界に戻ってきたような気がします。ただあの頃ほど、トゲトゲしていないというか、アンビエントな感じで音の感じが柔らかくなっています。また、それに影響を与えたのがミックスをしたアレックスの存在なのだろうなーとヨンシーとのユニットであるライスボーイスリープスの音を思い出して、納得しました。バンドや各々が録った音を片っ端からコラージュして、音を再配置している感じとでも言えばいいでしょうか、ヘッドフォンで聴いていて、相当に計算して音場自体が作られているように思いました。ただコラージュしたのが分かるぐらいアルバム一枚として聴くと散らかったような印象を受けるのが少し残念ですが。

★2位:Spiritualized『Sweet Heart Sweet Light 』
◆Spiritualized「Hey Jane」



 前作から三年ぶりの音源となりますが、前作「ソングス・イン・A&E」が彼のドラマチックな復活という個人的な物語に終止していて、あまり個人的には惹かれなかったのですが、本作は完全にモードチェンジしています。こんなに生命力に溢れたサウンドってオーケストラ編成だった2001年発表のアルバム「Let It Come Down」以来じゃないかな。クラシック的な要素やゴスペル辺りのコーラスワークも取り入れつつ、強力なまでにサイケ。しかも以前のように室内でドラッグをやっている感じではなく、完全に音が外の世界に向けられてて、風通しは抜群!!まるで世界に向けて歌いかけているような感じとでも言えば良いだろうか。近年のフリーフォーク勢も真っ青な完成度です。 本作は、Spiritualized名義の音源としていては、2000年代の良いとこどりというか、集大成的な空気を感じるアルバムです。前作でガッカリした人も、Spiritualizedは「Let It Come Down」がピークでしょうと思っていた人も、本作を聴いて欲しいです。予想外のベテランの再びの黄金期に驚かされました。

★1位:My Bloody Valentine『EP's 1988-1991』
◆My Bloody Valentine「You Made Me Realise」



 クリエイションから80年代後半に発表された四枚のEPと7曲のレアトラックを収録した全24曲の企画盤になります。既に10年近く前からボックス盤の噂が流れていましたが、なぜマスタリングだけでなぜ10年もかかるんだよwとファンや業界関係者からツッコミを受けつつ、ホントに発売されてしまい、個人的にCDを手に取るまで信じていませんでした(笑)
 デビューアルバムである1988年発表の「Isn't Anything」と歴史的な名盤である1991年発表の「Loveless」を繋ぐミッシングピースとでも言えば良いでしょうか。本作冒頭の♯1「You Made Me Realise」はギターのカッティングやノイズの使い方がオルタナロックっぽいというか明らかに「Isn't Anything」期の音ですが、序々に本作収録曲の曲順が進むに連れてアウトロを始めとして、サイケなノイズと反復しながら変化してゆくミニマルなフレーズが繰り返されていきます。また「Loveless」はバンドというよりもバンド崩壊後に、ほぼ1人でケヴィン•シールズが制作していたことが近年明らかになっていますが、本作収録曲はまだバンドっぽいリズム隊を感じる事が出来て、ギターノイズと融合している感じがまるで別バンドが演奏しているようで、新鮮です。たぶん、バンドが正常に機能している状態で2ndアルバムが録音できていたのなら、こんな音源になっていただろうと既に過去になってしまったパラレル「Loveless」を想像させてくれるのがDISC1になっています。孤高の存在と思われているマイブラですが、ポップなメロディがどの曲も中心にあることを改めて認識します。


ベスト5以外の次点では、ジャック•ホワイトのアルバムが相変わらず格好良かったです。ただストライプスやラカンターズに比べるとアンセムがなかったので外しました。今年前半は、似たような人も多いと思うのですが、個人的にシューゲイザー再加熱で移動中は勝手にマイブラ祭りでした♪このバンドだけはやはり飽きないし、未だに古びないのは凄いですね。

暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽