FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



Aureole『Reincarnation』
 東京でフロントマンである森大地を中心に結成された男女混成の六人組のポストロックバンド、Aureole(オーリオール)、2012年発表の3rdアルバム「Reincarnation」。

 近年音響系やエレクトロニカのジャンルを中心にリリースが多いkilk recordsの設立者でありプレイヤーでもある森大地のバンドですが、相変わらず絶妙なラインをついてくるファンタジー寄りのエレクトニカです。デビュー時鳴らしていた音と比較するとかなり聴きやすくなっています。もっとエッジやノイズが立っているような玄人受けするような音像だったものが、音自体がかなり整理されてポップになっています。
 今までの路線のポストロックやエレクトロニカ、シューゲイザー的な要素を継続しつつも、クラッシックやダブステップまで導入され、なんか闇鍋感がありつつも、巧く自分たちの音として昇華しています。またフルートやマリンバやグロッケン、ビブラフォンなどを始めとした生楽器の響きを大切にして、よりバンドっぽさを前面に出してきています。ただ、ボーカルが相変わらず何を歌っているのか、歌詞カードを読まないと今までと同様に全く分かりませんw音響系っぽいボーカルってこんな感じだろう?というステレオタイプ的なヨンシーやカイトみたいなのを下敷きにしているのでしょうが、弱いといわざるおえないです。そもそも森大地のレーベルなので、これにNGを出せる人がいないという構造的な問題が在るような気がしますが、world's end girlfriendやmonoとどこかで共鳴するようなシネマティックな音を鳴らしているのだから、ボーカルを他のメンバーに変えてでももっと良いものを作って欲しいなーと思います。
 正直、Aureoleが鳴らしている音自体はポップといっても、メジャーなシーンで受けるようなタイプの音ではないので本作で彼らがブレイクすることはないでしょう。でも、エレクトロニカ寄りのポストロックでツボをついているので、本作を名盤と讃える人は一定数出るであろうことが、容易に予想出来る佳作です。気になったら、試聴してみてください。

ベストトラック:♯4「Pass The Past」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


Four Tet『Pink』
 ポストロックバンド、フリッジのギタリスト、キエラン•ヘブデンのソロユニット、Four Tet(フォー•テット)による2012年発表の日本限定企画アルバム「Pink」。

 前作から発表されたシングル曲を中心にリリースした音源を集めた企画アルバムになります。本作冒頭の♯1「Locked」から凄いですね!!冒頭から原始的なリズムと交差するシンセ音、前作以上に音数を絞っていて、更に研ぎ澄まされています。その次の曲の♯2「Lion」もリズムトラックを中心にしていて、展開が面白いです。名盤だった前作アルバムである「There Is Love In You」の延長線上の音でラップトップで全て鳴らしている感じがするので、ほぼキエランのハンドメイドによるものと思われます。たぶん、同じ環境を作れる人は世界中にいるのでしょうが、ここまで音数を絞って記名性の高いエレクトロニカを作れる人って本当に少ないと思います。きっと道具は何を使っても、きっとこんな音を作ってしまうんだろうなーという身も蓋もない結論ですが。日本のアーティストだと同じレベルにあると思われるのは、多少音の感触はズレますが、亡くなってしまったレイ•ハラカミぐらいでしょうか。

 本作はあまり話題にもならずに密かにリリースされていましたが(宣伝費の関係でしょうねw)、実は隠れた名盤だと思います。エレクトロニカやハウスなどが好きな人に是非ともお薦めしたいです。

ベストトラック:♯1「Locked」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


cokiyu『Your Thorn』
 愛媛県出身の女性ソロアーティスト、cokiyu(コキユ)による2011年発表の2ndアルバム「Your Thorn」。

 彼女の場合は海外のほうが評価が高く、エレクトロニカというジャンル上、国内ではなかなか注目が集まらないアーティストですが、大ヒットした映画「告白」の挿入歌提供による注目度が一気に上がりました。そんな中でリリースされた四年ぶりのアルバムとなります。

 デビューアルバムから引き続き相変わらずのたゆたうようなベッドルームミュージックと、透明感のある声質でささやくようなボーカルのcokiyuがこのジャンルの今の時代の空気感をまとっていて、良いですね。アンビエントに繋がっていく電子音がこの人に調理されるととても有機的で温かい側面を見せてくれます。ちょっとドリームポップっぽい曲やエレクトロニカとシューゲイザーの隙間的な曲もあって、今までの得意ジャンルから守備範囲を広げようというどん欲さも垣間見えます。打ち込みというよりも、ピアノから直接作曲しているのか、鍵盤のパートが綺麗な曲が多いです。
 お洒落なエレクトロニカとして一括りにされてしまう怖さはありますが、本作も地味ながらも良盤なので、もう少し知名度が上がって欲しいなーと思いました。

ベストトラック:♯1「Your Thorn」


オススメ度:★★★★



暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


宮内優里『トーンアフタートーン』
 日本の男性ソロエレクトロニカユニット、miyauchi yuri(宮内優里)、2012年発表の5thアルバム「トーンアフタートーン」。

 前作「ワーキングホリデー」が高橋幸宏、星野源、原田知世などの豪華ゲストを招いたまさかの歌モノアルバムだったのですが、本作はやはり従来通りのエレクトロニカのインストに戻っています。
 しかし、今までと明らかに違うというか、フォークギターを中心にしたフォークトロニカだったのがゲストのコーネリアスこと小山田圭吾のエレキギターがはいることにより、よりポップに開かれた音像になっています。特にアルバム冒頭の♯1「toaf_」、♯2「digo_」なんか、コーネリアスの音の隙間とハイブリッドな感じが宮内優里のフォーキーな部分と良いとこどりで聴いている側がワクワクするようなキラキラしたエレクトロニカナンバーです。また、それに触発されるように小山田圭吾の参加曲以外も明らかに影響を受けたであろう感じのする曲が数曲あります。一番わかりやすい部分だと音のディレイのかけ方とかぶった切り方とかが、今までの彼にない感じです。
 一音一音が今まで以上にメロディアスに響くアルバムなので、インストが苦手な人も聴けるかと思います。地味ながらも良盤なので、企画モノの前作アルバムから、宮内優里の存在を知った人も聴いて欲しいです。

ベストトラック:♯2「digo_」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


Meme『Alku Ringo』
 茨城県在住のスリーピース音響系バンドであるMeme(ミーム)による2012年発表のデビューアルバム「Alku Ringo」。

 kilikレコードからリリースということで音響系バンドであるか、エレクトロニカ系であるであろうとは聴く前から容易に予想できたのですが、予想外に良かったです。音響系を代表するシガーロスや新鋭であるカイト辺りをしっかりと研究しているなという印象を受けます。ただシガーロスほど毒や攻撃性を持っているわけではなく、他の日本の音響系バンドと同じようにアンビエントな方向に振られています。また、打ち込みっぽい音もあってエレクトロニカ辺りにも造形が深いように思われます。ラップトップでそれっぽいエフェクトを作り込んでいるように聴こえます。
 しかも、個人的にポイントが高かったのは、日本語詞であること。あまり日本語っぽい母音で歌っていないので、日本語っぽくないように聴こえますが、この手のバンドでやりがちなw慣れない英語詞で耳障りだけでを誤摩化すようなことをしていないのは、少しレアだと思います。歌モノでない曲でもセンスは感じますが。
 この期待の新人バンドMemeは、日本人離れした北欧っぽいメロディセンスと音響系の先輩バンドをしっかり研究して自分たちの血肉としている数少ないバンドだと思います。エレクトロニカ系のバンドであるarが現在活動している日本のバンドの中では音的に近いですかね。本作収録曲の特に♯2「Antennae」、♯3「Cenotaph」、♯11「Alku Alku」辺りのトラックの完成度は音響系好きなほど反応するのではないかと思います。知名度的にはまだまだですが、気になったら聴いて欲しいセンスの良いバンドです。

ベストトラック:♯11「Alku Alku」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽