FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



蔡忠浩『たまもの from ぬばたま』
 bonobosのフロントマンである蔡忠浩による2010年発表のソロデビューアルバム「たまもの from ぬばたま」。

 ドラムにSPECIAL OTHERSの宮原良太、ピアノにグッドラックヘイワに野村卓史などをゲストに招き、かなりアナログ感を重視したアルバムになっています。
 bonobosで出来なかったアコギでの弾き語り的なアプローチや歌詞ではあまり見かけないような日本語である「太刀魚」や「スイカ」などが当たり前のようにメロディの馴染んでいて、相変わらず巧いです。アルバム通すと、バンド時代より、マクロな視点になったと言いますか、さりげない日常を切り取っていて、言葉とメロディを核に歌モノとして成立させています。蔡の声が嫌いでなければ、リスナーを選ばないポップな人なつっこさを持っていると思います。また、歌モノなのに、かなり後ろの楽器が賑やかなフレーズを奏でていて、各パートが有機的に鳴っているので、後ろのトラックを耳で追いかけているだけでも面白いです。
 ここ2~3年だとアレンジ的な部分ではトクマルシューゴ、弾き語り的なアプローチでは星野源などが好きな人に薦めたいと思います。実績のあるバンドのボーカルのソロ活動って、バンドでやっても変わらないようなアルバムが多いのですが、本作ではバンドで出来ないことに挑戦していて、しかも完成度が高いので驚かされました。本作は、地味ながらも良作ですので、アルバム通して是非とも聴いて欲しいです。

ベストトラック:♯10「銀杏のビロード」


オススメ度:★★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/995-3b0f1bc0