FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



Under Electric Light『Waiting For The Rain To Fall』
 カナダのモントリオール在住のダニー•プロペンチャーによるソロ•プロジェクトであるUnder Electric Light(アンダー•エレクトリック•ライト)による、2011年発表のデビューアルバム「Waiting For The Rain To Fall」。

 アルバム冒頭の♯1「Take Me Away」の始まりからいかにもシューゲイザーバンドなギターから始まり、その後もガレージ、エレクトロっぽいアレンジもありつつ、シューゲイザーバンドである自負を失わない楽曲は潔い。最近だとダンス寄りやよりUKのちょっと陰のあるギターロックっぽいアプローチで売れ筋を狙うシューゲイザーバンドが多いのですが、ダニーは自分のスタンスを崩していません。マイブラ、ラッシュ、スロウダイブ辺りの影響が見えるのですが、轟音に頼り過ぎずに少し気怠いギターと甘い歌メロを中心に曲を組み立てています。♯2「Waiting For The Rain To Fall」、♯7「This Moment」、♯9「Wintertime」など本作収録のちょっとドリームポップ寄りのアプローチの曲ほどノイズのレイヤーと歌メロの絡みが綺麗で完成度が高いと思いました。
 この全9曲のアルバムを宅録で1人で作ってしまうのはラップトップで音楽を作れるようになったからこそ、出来るような気がしますが、このクオリティってシューゲイザーバンドを探してもなかなかないので、正直凄い才能だと思います。バンドよりバンドっぽい瞬間もありますし。ただ極端な欠点が見当たらないのですが、Under Electric Lightならではのプッシュポイントもないわけで、なかなかオススメしにくいバンドです。曲もアレンジも、演奏も及第点なので、もう少し、毒というか尖った部分が欲しいなーと思いました。

ベストトラック:♯7「This Moment」


オススメ度:★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/870-e383e786