white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年上半期ベスト5
 2011年もあっという間に半分終ってしまったので、上半期の個人的なベスト5など勝手に発表!!去年ぐらいから洋楽、邦楽の垣根自体がいよいよ崩れてきたのでw、混ぜてみました。見にくかったら、すみません。

★5位:PaperBagLunchbox『Ground Disco』
◆PaperBagLunchbox「Ground Disco」



もう新譜が出る事はなくずるずると解散かと思って出た、PaperBagLunchboxのニューアルバム。この人たち、デビュー時はかなり注目を集めていたんだけど、その後シーンから忘れられていました。売れっ子になってしまったサカナクションよりダンスロックを先に打ち出していたんだけど、本作では更にフロア寄りに方向性をふり、キーボードが見違えた良盤です。


★4位:踊ってばかりの国『SEBULBA』
◆踊ってばかりの国「SEBULBA」



じわじわと知名度を上げている踊ってばかりの国のデビューフルアルバム。サイケな部分とポップな部分を縦横無尽に歌声で繋ぐ唯一無二のボーカル。スカスカなサウンド。回顧主義なだけでなく、2010年代の音として鳴らしているのが良いです。しかも、まだ二十代頭なんだとか、そんな部分も含めて今後にも期待が出来るバンドです。


★3位:Acrylics『Lives And Treasure』
◆Acrylics「Sparrow Song」



目新しいことはないけど、デビューアルバムでこの完成度は凄いです。アコースティック楽器が入る隙間を残しつつ、センスの良いシンセの使い方がバランスが良いです。あまり日本では注目が集まっていないのが残念ですが、とりあえず試聴ぐらいは、して欲しいバンドです。


★2位:細野晴臣『HoSoNoVa』
◆細野晴臣「悲しみのラッキースター」



もう説明する必要は無いと思う大御所wアンビエントとかエレクトロニカとか流行りものの音楽が好きな彼が三十数年ぶりに歌モノのフィールドに戻ってきたアルバム。ボサノヴァを基調としつつも、その渋いボーカルと脇を固めるミュージシャンの名演が素晴らしい。大人の余裕を感じさせます。


★1位:Arctic Monkeys『Suck It And See』
◆Arctic Monkeys「Don't Sit Down 'Cause I've Moved Your Chair」



ビーディアイに続く、直球ロックなアルバム。今までのアークティックモンキーズのように奇をてらったリズムでも、まくしたてるようなボーカルでもない、非常にスタンダードな音の作りです。正直、ここまで歌モノに徹するとは思わなかったけど、まだまだ彼らが過去のバンドになっていないことを証明した名盤です。

今年前半は、ビーディアイやレディオヘッドなどの新作が出て、それなりなクオリティだったのですが、個人的には新人バンドのほうが面白かった前半でした。上記で聞き逃したアルバムがあったら、是非聴いてみてください。


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/847-dd39099d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。