FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2010年後半に観たライブベスト5
 2010年も残りわずかなので、今年の後半に筆者が観たライブを勝手にランキングにして発表しましょう。他の媒体と違って全く個人的な見解なので、気に入らなくても勝手に読み流してね(笑)

★5位:
2010/9/21:Kyte@恵比寿リキッドルーム

 前回の単独来日も渋谷クアトロで観たのだけど、全く違うバンドのように演奏が筋肉質になっていて生々しかった。特にドラムとボーカルが陽性な感じになっていて、観客を煽って、それに応える形で盛り上がるという理想的なライブの形だった。ただのMEWやシガーロスと比べられる美メロバンドから、脱皮していた。一年経たずに若い女性ファンが増えていて、明らかにファン層が変わっていて驚いた。日本での人気なのも納得のライブだ。

◆Kyte「IHNFSA」





★4位:
2010/9/25:the HIATUS@ZEPP東京

 the HIATUS、デビューツアーから観ているのだけど、ライブの本数をこなすごとに着実にレベルアップしていて、どこまで行ってしまうのか?音源よりライブのほうが格段に面白いバンドだ。ライブの本数をこなすたびに、バンドとしての音がまとまっていってるのだけど、同時にメンバーの個性がクリアになっていっている気がする。矛盾しているような表現だけど、観るたびに良くなっていくので楽しみだ。この日は収録も入っていたためか、観客も一緒に大合唱しながら、ハイになっていって踊っていた。

◆the HIATUS「The Flare」





★3位:
2010/11/27:Manic Street Preachers@横浜ベイホール

 マニックス、ひさびさの来日。ベスト盤に伴うツアー以来じゃないのかな?横浜ベイホールなんて、なんでこんな小さいハコを選んだのか分からないけど、ナノムゲンをドタキャンしたから、その横浜の地でリベンジしたかったのではないだろうか?観客の年齢層は三十代が中心な感じだったけど、始まったら一曲目から大合唱でモッシュが凄い!!フロントマンのジェームスもそれには、驚いていた(笑)
 まさかパンクっぽい初期の曲や隠れた名曲である「Ocean Spray」なんて昔の曲をやってくれるとは思わなかった。それ以外も今までのシングルを中心にした構成で、ベスト盤のツアーのようなセットリストと盛り上がりだった。要約すると「今日は、観客が俺たちを幸せにしてくれた」みたいなMCをしていて、バンド自体も上機嫌だった。最後まで歌いまくって会場が一体になった。流石は、UKの大御所バンドな貫禄のライブ。

◆Manic Street Preachers「Ocean Spray」





★2位:
2010/12/4:Jonsi@新木場スタジオコースト

 シガーロスのボーカルであるヨンシーのジャパンツアーに最終日。事前にライブCDで予習していたとはいえ、ヨンシーの存在感と圧倒的な声だった。前回のシガーロスの来日の時はヨンシーの体調が悪かったせいで声が出てなかったのだけど、今回はそれを晴らすかのようにどこまでも伸びるファルセット、後ろのバンドメンバーも楽しそうに演奏していて、観ていて幸福感のある光景だった。ライブの最後の曲の「Grow Till Tall」のアウトロの轟音まで含めて全て計算されていたかのようなライブで、アートとしてもエンターテイメントとしても一級だと思った。感動して泣いている観客も多数いた。

◆Jonsi「Go Do」





★1位:
2010/11/18:The Flaming Lips@ZEPP東京

 個人的に単独での来日をここ数年待っていたアメリカのサイケロックの大御所、ザ•フレーミング•リップス。MEWとのジョイントツアーの最終日。一曲目から、紙吹雪、風船、着ぐるみのダンサー投下ともう何が何だか、分からない中をスペースバブルに入ったフロントマンのウェインが観客の頭上を歩いていく。幕が開いた瞬間から、通常のライブでいうとアンコールとかライブ終盤だろうというレベルの盛り上がりと演出で、強制的にクライマックスな感じw既にこの時点で泣いている観客が出始めていた。
 これは、予定調和をぶっ壊すってことと、日常の生活から祭りの場に観客を切り替える意味もあるんだろうけど、あれは反則だ。観ている最中、ずっと脳が思考停止し、ハイになっている感じ。ウェイン、五十歳とかなのに、動きまくるし観客を煽りまくる。もうオーラから違う。彼らはステージ上で女性器から登場し、赤ちゃんが悲鳴をあげるようなテンションの演奏で空間を多幸感で塗り替えていく。演奏が下手とか時節メロディが外れているとか、そんなこと言うのが無粋なぐらい圧倒的な世界観と説得力のある音。「Do You Realize??」の大合唱とか、ここが日本とかどうでもよくなるほど、ピースフル♪今年、個人的には数十本ライブ観たけど、圧勝でしょう。

◆The Flaming Lips「Do You Realize?」




暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/744-35b39ad4