FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



The Streets『Everything Is Borrowed』
 バーミンガム出身のラッパー、マイク•スキナーのソロユニットThe Streets(ザ•ストリーツ)の2008年発表の4thアルバム「Everything Is Borrowed」。

 UKガレージの最も重要バンドとか、イギリス版エミネムなどと言われてきた、ヒップホップバンドですが、本作では今までの喧噪や悪ガキ的なイメージを裏切るようなポジティブなアルバムになっています。00年代後半から、既に10年代頭を先取りするかのような祝祭感が素晴らしいと思います。そして、しっかり韻を踏みつつ、日常に根ざした歌詞など今までのThe Streetsの評価されてきた部分も継承しています。
 それにしても、あまりにイギリス的ではないけど、突然変異な感じが良いですよね。UK的な歌メロと、ちょっとシニカルな感じがたまりません。特にアルバム冒頭である♯1「Everything Is Borrowed」から、♯3「I Love You More (Than You Like Me)」までの流れがたまりません。やはりマイク•スキナーは本物だったなーと改めて思わせてくれたアルバムです。畑は違えど、アークティック•モンキーズやハード•ファイ辺りはこの人から相当影響を受けてると思います。ヒップホップが嫌いでなければ、オススメです。

「I came to this world with nothing(何も持たず、この世に生まれ落ちた)
and I leave with nothing but love(そして、愛だけを手に僕はこの世界から去っていく)
everything else is just borrowed(それ以外の全ては、借り物に過ぎない)」
(♯1「Everything Is Borrowed」)

ベストトラック:♯1「Everything Is Borrowed」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/672-412afe81