FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



THE NOVEMBERS『picnic』
 Syrup16gやART-SCHOOLを好きな人にオススメな新世代鬱バンドとして扱われているノーベンバーズのデビューアルバム。一言でまとめてしまうのですが、次世代ART-SCHOOLです。ART-SCHOOLが、好きな人はオススメ。それ以外の人にとっては、駄盤になるので個人的には聴かないでいるほうがいい。ここまで聴く人を選ぶバンドも珍しいと思う。
 彼らの一番の個性でありセールスポイントはフロントマンの小林祐介が描く、独特の歌詞とその世界観になります。それ以外は、初期ART-SCHOOLの欠点をコピーしたかのように引き継いでいます。歌を始めとした演奏レベルの問題、どの曲も言いたい事が、比喩表現を変えているだけで実はどれも同じだったりするとことか。
 ミニアルバムと同じく、相変わらず、映画のワンシーンのような歌詞の切り方と、多少嫌悪感をかましてやろう的な歌詞の書き方がハマる人はハマるでしょう。
「感性が剥がれている 生活だけが残る」(♯1「こわれる」)、「僕らの海に 溺れるだけの水かさが無くて 溶けきれない」(♯6「僕らの悲鳴」)「そして幸せになる 世界中のレイプ犯と同じ身体の仕組みで」(♯10「picnic」)。この辺りの歌詞にグッとくる人かつ、ボーカルの声が好きになれればハマれると思います。
 結局、どの曲も「僕と君とのすれ違い」、「青春の終わりの拒否」ってところに行き着くんですけどねぇ…前から思ってたんだけど、彼らを始めこの手の「レイプされる」とか「身体だけ繋げた」的な歌詞を書くバンドって肝心のセックス描写がないんだよねー現代的なのか、極めて無臭で不感症な感じ。青春=朝チュン(意訳=抱き合った次のコマで朝になって、スズメがチュチュン鳴く通称)なんでしょうか?少年誌みたいに(笑)

ベストトラック:♯9「白痴」


オススメ度:★★☆



暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/50-9e2aa8b9