FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


細野晴臣『Heavenly Music』
 はっぴぃえんどやYMOのメンバーとして活動した大御所のシンガーソングライターである細野晴臣による2013年発表のカバーアルバム「Heavenly Music」。前作である2011年発表の歌モノのソロアルバム「HoSoNoVa」に続く歌モノアルバムとなります。

 クラフトワーク、ボブ•デュラン、カーペンターズなどの名曲のカバーから構成されていて、本人が好きだったり、長年カバーしている曲を収録しています。前作「HoSoNoVa」が38年ぶりの歌モノ、更にオリジナル曲も半分収録という気合いの入ったものだったのですが、本作は全てカバー曲かつ、前作より力の抜けているような印象を受けます。
 音数が少なくて少し音がこもっているような感じが、細野晴臣の低い声とマッチしています。相変わらず、伊藤大地や高田蓮などのサポートの布陣が素晴らしいサポートをしています。坂本龍一がピアノを弾いていたり、くるりの岸田がコーラスで参加していたりするのですが、それがあまり目立たない感じです(笑)これだけ音数が少なくて、グルーヴ感を生み出すのは、流石です。アコースティック楽器を中心に添えて、原曲のメロディを大切にしつつ、カントリー調のカバーが気持ち良いアルバムです。ただ、欲を言えば、前作「HoSoNoVa」のようにオリジナル曲や陰鬱とした空気感も欲しかったような気がします。本作は、前作と比較するとかなり聴きやすくなっているので、流して気軽に聴けるアルバムになっているので、気になっている原曲があったら、是非とも手に取ってください。

ベストトラック:♯9「The House of Blue Lights」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
確かにタイトルからだけでは、カバー・アルバムだと分からないですね。個人的にはクラフトワークのカバーがツボでした。動画のダンスもいいですね。
【2013/08/04 17:33】 URL | GAOHEWGII #- [ 編集]

GAOHEWGII >タイトルだけだと確かにカバーアルバムだと分からないですよねぇ;クラフトワークも良かったですが、有名曲である「Close to You 」があんなに渋い音程でカバーしていても成立しているのが良かったです♪あとは「When I Paint My Masterpiece 」でしょうか。

ダンスはまさかの企画でしたが、僕も好きです(笑)
【2013/08/04 20:17】 URL | chaos cafe #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/1158-8e15b9f4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。