FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年上半期邦楽ベスト5
 2013年ももう半分終わってしまいました;かなり遅れてしまいましたが、邦楽の2013年上半期ベスト5をお届けします。今年の前半は洋楽の大御所のニュースが多くてなかなか全てを追えていなかったのですが、そんな中でも良盤五本に絞りつつ、選んでみました。

★5位:ハルカトミユキ『真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。』
◆ハルカトミユキ「ドライアイス」




 ギターボーカルのハルカのどこか椎名林檎を思わせるような情念系の声質とドロっとした鬱ロック系の歌詞、透明感のある声、ミユキの散発的に入ってくる鍵盤とあまり目新しい要素はないのですが、未完成な部分も含めてロックとしての純度は高いかと思います。このダサさやあざとさも含めて2000年代頭の歌姫ブームを思い出すこともあり、ちょっと懐かしいです。

★4位:星野源『Stranger』
◆星野源「化物」




 前作アルバムから二年近くリリースが空いているのですが、その間にも舞台やシングルを三枚発表したりと若手の中では生き急ぐような活動をしていて、そしてクモ膜下出血で入院し、そして活動再開後にリリースされた初のアルバムになります。シングル三枚を中心に正直、今までのアルバムニ枚と比較すると雑多な印象ですが、相変わらずというかあまり時代性の関係のないところで歌モノポップスを紡ぐのは流石です。純粋な歌モノの邦楽に絞ると上半期だと本作が個人的には一位だと思います。


★3位:matryoshka『Laideronnette』
◆matryoshka「Monotonous Purgatory」





 実は去年の末に発表されていた音源なのですが聞き忘れてたので、反則的に入れてしまいます。
 五年ぶりとなる音源でまだ活動していたんだ?という驚きとともに聴いてみましたが、前作の延長上の音ながらも少し繊細な感じになっていて、相変わらず完成度が高いです。ポストロック、音響系、エレクトロニカetc……などのワードが思い浮かびますが、物鬱げな女性ボーカルと、起伏のある展開をする美メロ、レイヤー状に散りばめられた多層的なノイズなど、それぞれが絡みあって、とてもドラマチックで内省的な曲を鳴らしています。World's end girlfriendやAureoleなどが好きな人はチェックすべき音源だと思います。完成度が凄まじく高い音源ながら、かなりアーティストしても個性も強いので、人を選ぶ音源です。


★2位:nhhmbase『3 1/2』
◆nhhmbase「無明の門」





 まず、五年ぶりに音源がリリースされるとは思わなかったので、素直に驚きました。そして、バンドは変わっても全く音楽性にはブレが生じていない。「波紋クロス」ほど人なつっこい感じの音源ではないのですが、相変わらずの変拍子と転調に悶える人が続出するでしょう(笑)
 ハッキリ言って、シーンから浮きまくっています。そして、構築美を更新しつつも、白昼夢的に狂っている部分はこのバンドでしか出来ないです。自分たちのペースで良いので長く活動して欲しいバンドです。


★1位:OGRE YOU ASSHOLE『confidential』
OGRE YOU ASSHOLE「フラッグ (alternate version)」





 アルバム前半はシティポップやダブっぽいアレンジで少し洒落た印象すら受けるのですが、一気に♯7「素敵な予感 (alternate version)」で聴き手を崖の下にたたき落としますwいや、こんなダークなオウガは音源だと初めてじゃないのかなーと思います。全く「素敵な予感」がしないアレンジなのが素晴らしい!!原曲好きな人ほど驚くかと思われます(笑)アルバム最後はデビュー時のオウガのような人なつっこい♯8「バランス」で巧く着地させますが、リアレンジされた楽曲群の尖りっぷりというか、DIY精神が彼らが敬愛するインディーズのUSギターバンドみたいで、良いですね。本作から完全にシフトチェンジした感じもあり、ズバ抜けています。オウガがこんなに進化するとは思わなかった。邦ロックでも、こんなにカッコいいバンドがあることを知って欲しいと思います。

 他に次点としては安定度抜群のGRAPEVINE辺りでしょうか。今年の前半は邦楽が傑作ではなく、人を選ぶ良盤が多かった気がします。少し市場変化を感じつつも、もう少しアンセム的にみんなが口ずさめる曲も聴きたいなーとも思います。

暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
感想など
邦楽編の上半期ベスト5、楽しみにしていました。
興味深かったです。
OGRE YOU ASSHOLEをはじめ、
上3つはかなりトンガったミュージシャンが揃いましたね。

OGRE YOU ASSHOLEはここでのオススメを経て買いましたが、良かったです。初期からご無沙汰していましたが、出戻りでファンになりました。

nhhmbaseはyoutube動画が無いので、itunesで聴いてみましたが、変拍子バリバリでありながらpopな印象。これもいいですね。リストに加えておきます。

matryoshkaはクリップの曲だけだと、インパクトはそこまで無いですが、女性ヴォーカルが絡むと儚げでいいですね。これは日本のテクノとしては異色かもしれません。


オススメ盤を紹介するためにこの機会を待っていたので、僕のベストも載せようと思ったのですが長いので続きます。


【2013/07/29 18:23】 URL | GAOHEWGII #- [ 編集]

GAOHEWGIIの邦楽上半期総括
こちらにおじゃましてから随分経ちますが、
もうchaos cafeさんの好みの傾向が
大体分かってきました。

なので、
自分のごり押しベスト5を書くのが、
気が引ける部分もあるのですが、
これもコミュニケーションだと(本当はただの自己顕示欲かも)言い聞かせて、書きます。

良く聴いたもの。

●友部正人/ぼくの田舎
特筆することがない、いつもの感じが心地よい。

●クラムボン lover album 2
ロバート・ワイアットのカバーとかは良かったんだけれど、ちょっと迎合しているかも。でもいい。

●徳永憲『ねじまき』
最近は一定のファンのみに向けて発信している感あり。内省的な作風が極まったオルタナ系ssw。

●ビイドロ/またあしたね
ほぼ死んでいた文系ロックバンドがリリースした復活アルバムが、意外に良かった。

●tofubeats lost decade

スチャダラパーを俗っぽくして現代に蘇らせたらこんな感じなのかな、違うかも。終始、おしゃれな圧迫感を感じさせながらも、ポップだから聴いてしまう。

●スカート/ひみつ
やたらと孤独感を煽っていていたスカートが2ndで大分弾けている。可愛くなった!

●大森靖子/魔法が使えないなら死にたい
一時期、狂ったようにリピート。狭い世間でとことん煮詰めた世界観が素敵。若いっていいね!

番外●パスピエ/演出家出演
chaos cafeさんが黙殺(あるいは気づいていない)している最新作。こちらの求めることをやってくれているのですが、そこそこの収録時間にも関わらず、途中でお腹いっぱいになってしまう。うーん。

更に続きます。
【2013/07/29 18:44】 URL | GAOHEWGII #- [ 編集]

2013 邦楽上半期ベスト5
やっとベスト5です。

ごめんなさい。

☆第5位
「前野健太/オレらは肉の歩く朝 」

聴いていると色々身につまされる歌詞は健在の、弾き語り系SSW。今回はバンド体制ですね。最高傑作でしょう。

☆第4位
倉内太『刺繍』

こいつはいい「清志郎」チルドレン。マーガレットズロースにも通じる、さらけ出した恥ずかしさが詰まっています。高橋優と並ぶくらいの活躍を希望。クリップの独特の空気感も必見です。

☆第3位
口ロロ/JAPANESE COUPLE

今までになくシンプルにいい曲を詰め込んでいる印象。アグレッシヴなロック・ナンバーから、ヒップホップまで振り幅広く且つテクノ風味をまんべんなくまぶしています。

☆第2位
土岐麻子/heart breakin

彼女の近作は80年代ユーミンのような爽快な聴き応えのものが多く、総じて完成度が高いです。本作は夏を意識していることもあり、そのニュアンスが一際目立ちます。職業作家、スタジオミュージシャンの助力をガッツリと得て生まれた名盤。

☆第一位
「NONA REEVES/Pop Station」

怨念すら感じさせる超キャッチーなアルバム。1ヶ月狂ったように聴いたあとで飽きたのは、キャッチーなアルバムの宿命か。でも、そこまで貪らせたのはまごうことなく本物の証。


最後に
☆7月以降の注目盤

●『かせきさいだぁの「A NI SONG VACATION」』

楽しみにしていたのですが、選曲が発表されてちょっと期待値下がり気味。宮崎アニメはアニメソングなのか?ユーミンだよ?・・・など、「ダサくてノスタルジックなものを変身させてほしい」僕の思惑とは若干ずれています。でも期待。

●(((さらうんど)))/New Age

告知YOUTUBE動画で1分半ほどの
シンセ・インストで期待を高めて、
「山下達郎氏も購入」という直球な煽りを喰らえば、
買うしかない。来月のおこづかいで。。。

●ラブレター バンバン バザール
いつものやつ。

●星がみちる /星野みちる

マイクロスター再始動!と思ったら、AKBの人の黒子ですか。まぁやっていることは一緒ですしシティポップ万歳な内容ですね。

・・・
ごめんなさい。
気が向いたらポツポツと聴いてみてください。

これからもよろしくお願いします。

お邪魔しました。







【2013/07/29 19:36】 URL | GAOHEWGII #- [ 編集]

GAOHEWGII>いつもコメントありがとうございます!!
そして、そちらのベスト5も待ってました♪
ですが、オススメ、半分ぐらいしか分からないw流石ですねー
検索したら、オススメの中だとビイドロとNONA REEVESが気になりました。時間作って聴いてみますね。それにしても、前野健太は初期2枚は聴いていたのですが、あまり昭和フォークと言いますか、自分の中では情念系なので避けてましたよ。そちらの趣味だろうなーと思っていたので、この一枚だけは、ビンゴです(笑)

ちょっと仕事が忙しくて、更新落ち気味ですが、暇な時にでも覗いてくださいね!!こちらこそ、よろしくです。
【2013/07/31 20:35】 URL | chaos cafe #- [ 編集]

ネハンベースのPVが公式であがったので、リンク追加です。手作り感がありながらも、シュールw
【2013/07/31 20:39】 URL | chaos cafe #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/1157-5aba67f3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。