FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年上半期洋楽ベスト5
 2013年ももう半分終わろうとしています;もはや恒例となっていますが、洋楽の2013年上半期洋楽ベスト5をお届けします。今年の前半は数年ぶりの新譜を発表した大御所が多くてなかなか絞りきれなかったのですが、名盤が多かったです。それでもなんとか五本に絞りつつ、発表しますっ!!

★5位:The Flaming Lips『The Terror』
◆The Flaming Lips「The Terror」




 アルバム一貫してこんなに悲しいリップスは初めてです。ボーカルのウェインの離婚なども影響しているのかもしれませんが、祝祭感が持ち味のバンドですが、ここまで一気に悲しみと諦念にハンドルを切るとは思わなかったです。エレクトロ寄りのリップスのアルバムの中ではな最高傑作と言って良いかと思います。ただ聴く人を選ぶアルバムなのでw、本作は数年後に評価されるんだろうなーと思います。

★4位:Sigur Rós『Kveikur』
◆Sigur Rós「Brennisteinn」




 メンバー脱退でスリーピースとなってから初めて発表された本作ですが、Sigur Ros(シガー・ロス)がこんなに攻めているのは数年ぶりじゃないでしょうか。シガー•ロスがブレイクして以降のポストロックのシーンは明らかに変わりました。そんな音響系の雄が初期衝動に身を任せたような生身の音でまるで「人間宣言」を行なったようで(笑)、ひさびさに心躍りました。メタルからの音楽的な影響も言及していた彼らがやっとそれすらも自分たちの音に取り込もうと貪欲に表現していった本作は、近年のバンドのイメージを変える良作です。

★3位:Primal Scream『More Light』
◆Primal Scream「2013」




 ずっと惰性で聴き続けている(笑)Primal Scream(プライマル•スクリーム)ですが、まさかの三度目のバンドの黄金期です。五年ぶりとなる本作はニューウェーブをベースにしながら、ファンク、ポストロック、R&R、ブルース、サイケロックなど様々なジャンルに曲ごとに寄り添いながらも全体としては混沌としています。このバンドは毎作そうですが、アルバム中盤までは凄いテンションなのに、半ば以降ダレるというのもほぼ伝統として受け継いでいますwでも、最後のほうで泣きメロのバラードが入っていて、ひさびさに飽きずに聴けるアルバムになっていると思います。今更、30年も活動しているこのバンドに心を動かされるとは思わなかったですが、5年ぶりにシーンにカムバックした2013年にバージョンアップした彼らの音は今聴いて欲しい。特にアルバム冒頭の「2013」のぶっ飛び具合が良いです。


★2位:My Bloody Valentine『M B V』
◆My Bloody Valentine「New You」




 1991年発表の2ndアルバムである「Loveless」から沈黙すること20数年、ついにこの日がやってきたのかーと感慨深く聴かせてもらいました。んま90年代初頭のままです。一見、時代のノイズが入っているのかと思いきや、そもそもがマイブラの音の集大成があのアルバムだった訳で、同じメンバーが演奏するのを前提に書かれている訳で変わらない。変わるのが良しとされるバンドもいる風潮の中で、これだけの年月を経てもブレないのは凄いです。ギターノイズが壁みたいにパートを作り、それをサポートするように交錯するベース、前のめりな感じの存在感抜群のドラム、気怠いように歌う男女混成ボーカル。音の密度やミックスまであのアルバムを彷彿させるので、「Loveless」を20数年聴き続けた人は感涙の出来なのではないでしょうか。まさかリアルタイムで新作が聴けると思わなかったので、そんな意味でもリリース自体が驚きでした(笑)

★1位:Suede『Bloodsports』
◆「Hit Me」




 解散から再結成を経てついに11年ぶりとなる新作となる本作。アコースティックで爽やかな5thアルバム「A New Morning」と活動停止前は音源を出す度に、賛否両論で今までの熱烈なファンの声に応えられるのか、疑問でしたが、本作ではギターを基軸とした黄金期のスウェードに戻っています。新しいものが求められる風潮がある中で、ほとんどのバンドは輝かしい過去より今を更新しようともがくものですが、ちゃんと自分たちがお客さんに何を求められているのか、冷静にジャッジできているように思いました。3rdアルバムまでのプロデューサーであるエド•ビューラーを指名したことも大きいかと思いますが、その頃のスウェードが好きな人にはたまらないアルバムになっています。日本人の琴線に響くメロディとブレットの絡み付くボーカル、メロディのサビとともに、ギターも別サビが入る展開など、この人達ならではの耽美ロックを味わえます。

 他に次点としてはまさかの新作リリースのボウイのアルバムとフェニックス辺りでしょうか。どちらもかなり良い出来だったので、入れるか迷ったの気になったら聴いてみてください。

暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
こんにちは。
洋楽の上半期は以前おっしゃっていた通り、
ベテランが占めていますね。

Flaming Lipsは改めて聴くとスケールが大きなことをやっていますね。まるでフロイドみたいだ。

SUEDEは買いました。(というかポイントで交換しました)。全く悩んでいない音で、これもベテランには勇気がいる決断ですよね。

以下、僕のベスト5です。

5位 DAVIE BOWIE/NEXT DAY

これもオススメされていなかったら買わなかったと思います。ベテランって一度離れると戻りにくいんですよね。身も蓋もないですが、ジジイ・ボウイのあがきっぷりに感動です!

4位 Ducktails/Letter Of Intent

90年代のテレビ神奈川で流れていそうな、気怠い感じがいいです。トッド・ラングレンが絡んでいるみたいですが、なるほど納得のポップさ。

3位 Sean Nicholas Savage/Other Life

レゲエ調の打ち込みリズムに、フォーク・ミュージックを乗せたサウンドが特徴のSSWでしょうか。デヴィッド・ボウイに通じるロマンチックさを持っているのも魅力。


2位 TOM ODELL/Long Way Down

新世代のエルトン・ジョンと称されて、且つ「お顔がよろしい」ので恐らくショップで猛プッシュされているであろう彼。ちょっとカッチリ決まりすぎな感もありますが、英国臭の濃さはやっぱり魅力。

1位 RHYE/WOMAN

「はいはい、シャーデーだね」で片付けようとしても、ストップボタンを押させない曲の良さ。こんなミュージシャンが出てくるとは、と喜ばせてくれました。


【2013/07/07 18:19】 URL | GAOHEWGII #- [ 編集]

GAOHEWGII>お、来ましたねー
リップス、好みに合うか分からないですけど、完成度高いですよ♪

ベスト5紹介ありがとうございます。

1位と3位が全くノーマークだったんで聴いてみますね!!
トム•オディールは、ビジュアルが良過ぎてピアノの貴公子的な売り方をされているので、ちょっと可哀想な気がします(笑)
「HOLD ME」最初に聴いた時は、解散してしまったウェイキング•アシュランド辺りのピアノエモを思い出しました。そういや、某黄色いマークのレコード屋ポップでジェフ•バックリィの再来的な書き方をしていて、それは違うだろう!!と。あのポップに騙されて買った人はたくさんいるんだろうなーw

あとはボウイですが、正直聴けば聴くほと気持ちの悪いアルバムで(笑)、未だに評価定まらないんですよねーなんか収録されている曲自体は一曲ずつだと好きなのですが、アルバム一枚として聴くと情報量が多過ぎるのと曲のカラーが散漫な感じがしてしっくりこないのです。でもきっと聴き続けるんだろうなーとは思いますが。

紹介していただいたのはレビューまでいけるか分かりませんが、聴いてみますね!!
ありがとうございました♪
【2013/07/07 21:18】 URL | chaos cafe #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/1151-16fde267



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。