FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Sigur Rós『Kveikur』
 アイスランドを代表するスリーピースののポストロックバンド、Sigur Ros(シガー・ロス)、2013年発表の7thアルバム「Kveikur」。前作アルバムである「Valtari」からほぼ一年という短いスパンで届けられた新譜になります。

 前作「Valtari」とほぼ同時並行で作られたという本作ですが、幽玄を感じさせる「Valtari」とは全く異なる音像になっています。一番の変化はメンバーであるキーボードのキャータンの脱退によって、バンド編成がスリーピースになったことです。それによって、スリーピース編成による新しいバンドの形を模索したのではないかと思われます。まず何より、リズム隊がクッキリしたというか、音数が少なくなることにより、よりビート感が前面に出てきています。3人で出来ることの原点に返ったような感じで、すでに20年以上活動をしているベテランバンドなのに、まるで新人バンドのようなフレッシュな部分を感じさせるような部分もあり、シガー•ロスとしてのリスナーのイメージすら覆そうとしているかのようで爽快です。また、アルバムタイトル曲となっている♯6「Kveikur」なんかはインダストリアルなアプローチで、シガー•ロス名義の音源でこんな攻めているのはデビューアルバム以来かもしれません。またデビュー時のようなシューゲイザーな感じのギターも戻ってきていて、昔からのファンは懐かしさを感じるでしょう。

 本作は、特にアルバム冒頭の♯1「Brennisteinn」〜♯3「Isjaki」の流れが秀逸です。シガーロスらしい美メロと凛として空気感を残しつつも、新しくギアチェンジしたことを感じさせる流れで良いですね。アルバム全体としてはアンビエントな「Valtari」と対になっているのか、反動を感じる部分もありますが、新生シガー•ロスを印象づける音源としては成功しています。
 シガー•ロスってギター、ベース、ドラム、キーボードなどのごく普通のバンド編成で、他のバンドとは全く違う音空間を作ってしまう数少ないバンドでその部分が個性だと思っていました。しかし、本作では、今までよりもより身近になったというか、やっとどれがギターなのか、ベースの音なのか一回目で分かるような音の鳴らし方になっていて、より生身の彼らを感じることが出来る音源です。

ベストトラック:♯1「Brennisteinn」


オススメ度:★★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/1149-11346209



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。