FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Atoms For Peace『Amok』
 英国を代表するバンドレディオヘッドのトム・ヨークを中心に、そのプロデューサーのナイジェル•ゴドリッチ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーらによって結成されたロックバンド、Atoms For Peace(アトムス・フォー・ピース)の2013年発表のデビューアルバム「Amok」。

 はっきりと言ってしまうとスーパープレイヤーばかりを集めたスターバンドになるので俄然シーンからの注目度は高いのですが、元はトム•ヨーク名義でリリースされたデビューアルバムをライブで再現するために結成されたバンドです。
 相変わらず電子音とミニマルなフレーズをループさせて巧い形に使いながらも、聴き手に有機的な印象を与えるのは流石です。これだけのプレイヤーを集めながらもトム•ヨークの頭の中で鳴っている音を再現するのにフォーカスしていて少しもったいない気もします。フリーが弾くうねるようなベースはグルーヴ感を生み出しているのですが、なんだかもう少し自由にカラーを出して欲しいなーなんてことも思いますが、たぶんそうすると曲ごとにカラーがバラバラになってしまうんでしょうね。少ない音数とミニマルなフレーズが少しづつ変化して聴き手をアトムスの音に引き込んでいく。ここまで削って抑制しても、リズムの中をたゆたうようなトムの記名性の高いボーカル、他のバンドではここまで音的に洗練されたものは作れないと思いました。ライブでこの音を再現できるプレイヤーの集まりなのでしょうが、ライブでどんな風に鳴らされるのか気になる音源です。

ベストトラック:♯3「Ingenue」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/1133-de8bc284



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。