FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


The Deer Tracks『The Archer Trilogy PT.3』
 スウェーデンの男女デュオユニット、The Deer Tracks(ザ•ディアー•トラックス)の2013年発表の3rdアルバム「The Archer Trilogy PT.3」。

 デビューからコンスタントにアルバムを発表して三部作、最後のアルバムになります。北欧の歌姫とぃった感じの神秘性を帯びたエリンのボーカルがアルバムごとに序々にその肉体性を獲得していく感じが面白いなーと思っていたのですが、本作でもデビュー時からの音響系サウンドとエレクトロな音作りを主軸にエレクトロゲイザーっぽい曲や流行のダヴステップを意識した曲もあったりして、確実に今の時代の空気感を作品に反映させています。
 また、本作収録曲だと♯3「Divine Light」や♯6「Lazarus」のようなフロアでも耐えうるようなダンス寄りのトラックが産まれているが興味深いです。正直、北欧のバンドだとあまりそちら寄りにデビュー後に音を移行させていくバンドは少ないと思うのですが(ロック寄りだとMEW辺りはかなり奇妙な進化を遂げましたがw)、この人達の雑食性や前作より前に進もうという前のめりな感じは賞賛に値すると思います。でも、エリンのボーカルの声の記名性が高いので、今までのThe Deer Tracksを知っている人だとその辺りをスルーされてしまだろうなーというのが少しもったいないように思います。音響系ではありますが、エレクトロ&シューゲイザーシーンのほうが馴染みやすい音になっていると思いますので、ウルリッヒ•シュナウスとかマニュアル辺りが好きな人は聴いてみても良いかもしれません。

ベストトラック:♯3「Divine Light」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/1129-02b5984f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。