FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


My Bloody Valentine『M B V』
 ケヴィン•シールズを中心にアイルランドで結成された男女混成4人組のロックバンドであるMy Bloody Valentine(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)による2013年発表の3rdアルバム「M B V」。

 1991年発表の2ndアルバムである「Loveless」から沈黙すること20数年、ついにこの日がやってきたのかーと感慨深く聴かせてもらいました。リアルタイムでマイブラの発表音源を聴くのは本作が初になります。
 「Loveless」によってギターロックの1ジャンルであるシューゲイザーの頂点を迎え、同時のその他のバンドを過去に追いやってしまうという他の音楽ジャンルでは考えられないような偉業を成し遂げ、またその代償としてシューゲイザーシーン自体を霞ませてしまった名盤でした。名門レーベルであるクリエイションを制作費で潰したという面白エピソードや、その割に他アーティストから信頼が厚かったり、客演やリミックスが途絶えなかったりと、不思議なバンドです。相変わらず本作はケヴィン•シールズがほぼ1人で完成させ、ビリンダのボーカルを入れているようですが、あの「Loveless」もバンドが崩壊した後で密室で作られたことを考えると心理的な状況は違えど、環境自体は似ていると言えるのではないでしょうか。

 ……と流行る気持ちを抑えつつ本文を書いている訳ですが(笑)、いやーまんま90年代初頭のままです。一見、時代のノイズが入っているのかと思いきや、そもそもがマイブラの音の集大成があのアルバムだった訳で、同じメンバーが演奏するのを前提に書かれている訳で変わらない。変わるのが良しとされるバンドもいる風潮の中で、これだけの年月を経てもブレないのは凄いです。ギターノイズが壁みたいにパートを作り、それをサポートするように交錯するベース、前のめりな感じの存在感抜群のドラム、気怠いように歌う男女混成ボーカル。音の密度やミックスまであのアルバムを彷彿させるので、「Loveless」を20数年聴き続けた人は感涙の出来なのではないでしょうか。もう一曲づつ曲を挙げるというよりも、全9曲マイブラでしかないですし、アウトロのノイズの長さでさえ徹底的に計算されていて、待った甲斐がある音源です。「Loveless」のほうが初心者は分かりやすいインパクトがあるので、そちらをオススメしますが、本作もセットで聴いて欲しいクオリティです。シューゲイザーが好きな人はマストな名盤です。

 余談ですが、マイブラの来日公演を観て、メンバー老けたなーと思ったのですが、生であの曲のイントロが鳴った瞬間、観客が完全に意識を持っていかれているのが分かる不思議なライブでした。盛り上がっているのだけど、ゆらゆら魂を抜かれるような酩酊感は格別。音源ほど完璧ではありませんが、是非ともライブも体験して欲しいバンドです。

ベストトラック:♯6「New You」


オススメ度:★★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/1123-84df1de7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。