white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年下半期邦楽ベスト5
 2012年ももう一週間を切りました。今回も恒例の邦楽編ということでの2012年下半期邦楽ベスト5をお届けします。洋楽以上に5本にセレクトするのに時間が、かかりました。試聴してみて、気に入ったら是非ともアルバム通して聴いてみてくださいね!!

★5位:米津玄師『diorama』
◆米津玄師「vivi」




ボカロシーンからデビューした米津玄師は、若手の中でも破格の才能です。初音ミクを始めとしたボーカロイドは十代から二十代半ばぐらいまでの学生を中心に支持を集め、オリコンなどでもいきなり上位にランキングインしてきてその層にマーケットも注目しています。その性質上、他のシーンからは売れていても黙殺されがちです。本作は弱冠21歳の米津玄師が全てのパートを制作し、ほぼPCで全ての作業を含めて完結させ、イラストも含めて制作しているという完全にDIYな宅録音源です。この辺りだと90年代でいうと1人で全てのパートを演奏し、録音して音源を作ってしまった早熟の天才、中村一義のデビューアルバムなどを想像させます。今の時代ならではで2012年という年のエポックメイキングな音源です。ボカロなどの括りを気にしないで聴いて欲しい音です。

★4位:中村一義『対音楽』
◆中村一義「運命」




本人名義のアルバムとしては、ほぼ10年ぶり、デビュー15周の節目でリリースされた音源となります。ドラムや弦楽器含めて全てパートを本人がアレンジ&演奏するというDIYの極みな形を取っています。まるで15年前のデビューアルバムを模したような作りです。本作は、1番~9番のベートーベンの曲をそれぞれの曲に割り当てたコンセプトアルバムになっています。しかし、そのイメージが強過ぎてよくありがちな、クラシックアンセムに乗っかったアルバムではなく、フレーズが中村一義以外の何物でもない。てか、あまりベートーベン関係ないでしょう、このアルバムは(笑)「金字塔」が彼の作品の中では一番だという人もこのひさびさの本人名義のアルバムを手に取ってみてください。バンドブームの90年代の中、早熟の天才と呼ばれた中村一義の破格の才能が改めて分かる一枚だと思います。

★3位:OGRE YOU ASSHOLE『100年後』
◆OGRE YOU ASSHOLE「夜の船」




本作はまたバンド路線に戻っていますが、アルバムタイトル通り「100年後」の誰もいなくなった後の空間と人がいた形跡を音で描こうとしているようで、オウガというバンドの黄昏感や寂寥感の部分が全開で、虚無的な感じを受けます。湿り気のある歌謡曲的なメロディと少しフュージョンっぽい感じが、近年だと坂本慎太郎のソロ作のような明らかにシーンの他のバンドとは異なる異物感は、この人達ならではです。前作同様に、他のロックバンドと比較してサビらしいサビがないにも関わらず、ミニマルなフレーズと不思議でいて簡潔な日本語、音数が少ないながらも最後まで聴かせてしまうアレンジは流石です。

★2位:トクマルシューゴ『In Focus?』
◆トクマルシューゴ「Decorate」




相変わらず、ほぼ全パートをトクマルシューゴ本人が演奏して、奇妙で賑やかな音世界を構築しています。今回もとんでもない数の楽器(楽器以外の音が鳴るものも)が使われているようです。前作で一気に外の世界に開かれた印象を持ったのですが、今回はそれ以上に外に向けて音を鳴らしていますが、一曲ごとに濃密です。一曲ごとにそれぞれが際立っているのに、なぜかアルバムを通しても混沌としたイメージをリスナーに抱かせないのは流石です。今までの中で一番躍動的でポップなアルバムになっています。まるで精密に作られたジオラマの街を見下ろしているようなイメージを受けるアルバムです。制作者の設計図通りに出来上がった美しさを感じます。どこまで今の路線でいけるのかを含めて楽しみなアーティストです。

★1位:七尾旅人『リトルメロディ』
◆七尾旅人「サーカスナイト」




本作はコラボ曲はありますが、デビュー時に近い宅録的なアプローチに戻っています。また、本作ではデビュー時より捻くれていない普遍的な日本語表現での歌詞とポップな歌を聴かせてくれます。個人的に、七尾旅人のデビューアルバムで衝撃を受けた一人なのですが、あそこまで奇妙なポップスを奏でた早熟の天才が十年かけて普遍的なポップスに戻ってきたことに感慨深いものがあります。原発事故のことを歌った♯2「圏内の歌」はネットを中心に拡散されましたが、それ以外は思想的なアプローチをせずに、一見爽やかにすら感じるラブソングにまとめられています。特に本作は今までのアルバム以上に、名曲揃いで♯5「サーカスナイト」、♯6「湘南が遠くなっていく」、♯11「七夕の人」、♯16「リトルメロディ」など全てシングルカットしても良いのではないかというクオリティとキラキラしたメロディで聴いていて高揚します。あれだけ、フツウのポップスを嫌がっていた七尾旅人が「みんなのうた」を歌い出そうとしています。
 もうね、名盤以外の何物でもないよね。「サーカスナイト」試聴して、アルバム買う前にワンマンのチケット取っちゃうぐらいにガツンとやられたよ;たぶん、10年前から七尾旅人を知っている人ほど、涙腺崩壊ものだと思いました。捻らずに、次もみんなの歌を歌って欲しいなーと思います。


 上記以外でも新メンバーが加入したくるりの音源と、APOGEEのボーカルである永野亮のソロアルバム、凛として時雨のフロントマンであるTKのソロなど歌モノアルバムで迷いました。良い音源が多かった後半の半年だったと思います。
 訪問者の皆様、良いお年を!!

暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
こんにちは
コメント出来なくなったそうで・・・
ちょっと寂しいですよ。

中村一義の新作、未チェックでした。・・・・・やっぱり音の壁が厚すぎましたー。初期はもう少しダイレクトなロックだった気がします。うーん。

トクマルシューゴは凄い完成度でしたね。個性もずば抜けているし。僕も買いました。

せっかくなので僕のベストも挙げときます。

洋楽年間ベスト

JAKE BUGG/JAKE BUGG

話題だったので聴いてみたら意外にいいかな、と思って購入。新しい世代のための、って感じで刺激はないのですが安心して聴けます。

MINDY GLEDHILL/ANCHOR

去年発売で今年日本盤が出て知りました。大人向けシンディローパーという風情でいいです。

EDWARD SHARPE AND TE MAGNETIC ZEROS/HERE

大所帯グループながら緩い演奏で雰囲気がいいです。おじいちゃんになったルー・リードみたいなヴォーカルもナイス。

邦楽上期ベスト5

1 くすぐる/くすぐるのアルバム
金延幸子ファン必聴

2 永野亮/HAJIMEYOU 
英語詞でもイイと思わせた今年唯一のアルバム。
個人的には星野源より先に注目されてほしい存在。

3 (((さらうんど)))/(((さらうんど)))
イルリメは天才。YMOへのリスペクトもひしひしと伝わる。

4 waffles/10歩
丁寧な作り。

5 平賀さち枝/23歳
21世紀のイルカかもしれない。かわいい。

下期

1 空気公団/夜はそのまなざしの先に流れる

ライブ録音だけに一体感が凄い。曲の出来も過去最高。弱点は、つなぎのインスト曲が多く、それだけを抜き出して聴けるほどの存在感がないこと。ですがそれを補って余りある魅力を持つアルバム。

2 七尾旅人/リトルメロディ 

いいですよね!僕は「湘南が遠くなっていく」が一押しです。アクは抜けていないので聴き手を選ぶミュージシャンですがいつまでも活動続けて欲しいです。


3 かせきさいだぁ/ミスター・シティポップ

歌が下手なのにアレンジが心地よすぎてポップで何度もリピートしてしまう。

4 GREAT3/GREAT3

初期ファンを黙らせる充実作。いい曲多し。

5 SMALL BOYS/ABCDEF・・・

お遊びユニットを入れるのは躊躇したのですが、曲が素晴らしいので。でもコラージュで内容を水増ししている点が不満。

残念だったアルバム

キリンジの新作が完成度は高いし、個性を円熟させた内容でした。なのに地味という仕上がり・・・来春にもう一枚出すらしいのでそちらに期待!

長文ですみませんでした。自己主張の場として利用してしまい、ごめんなさい。

良いお年を。
【2012/12/27 13:37】 URL | GAOHEWGII #- [ 編集]

そろそろ書けるかな?

GAOHEWGII>いつもコメントありがとうございました。
音楽詳しいのに、時々ミーハーなコメントでそのギャップを楽しませてもらっていました。平賀さち枝を今回も二言でぶった切ってますね(笑)

永野亮はバンド時代も好きだったのですが、より歌が剥き出しになった感じで良かったですよねー先月に出たタワレコ限定シングルも良かったですよ♪

七尾旅人>なんかずっと聴いている側としては思い入れが強かったのもありますが、やっと三十代でブレイクの兆しというかw
オススメの中では、GREAT3と空気公団がまだ聴けていないので、気になりますね!!

そちらも忙しい中の音楽ライフお疲れさまでした。
そして、オススメもコッソリ参考にしてます♪
【2012/12/27 22:52】 URL | chaos cafe #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/1115-ebc7395e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。