white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年上半期邦楽ベスト5
 今回は2012年上半期の邦楽ベスト5をお届けします。比較的、前半戦はリリースされた枚数の割には良作が多かったような印象を受けました。

★5位:the pillows『トライアル』
◆the pillows「トライアル」



正直前作アルバムである「HORN AGAIN」は、シングル曲以外はパッとしないアルバムでしたが、今回は歌詞やメロディにかなり凝っていることが分かりますし、ロックが本来持っている疾走感を取り戻しています。震災以降の感じたことをどう昇華してゆくかという葛藤の中で、結局自分の中を見つめ直す作業に戻ってゆく過程が、ピロウズというバンドで成功を手にした山中さわおに初期衝動を取り戻させたように感じました。三割バッターのように三枚に一枚良いアルバムを彼らは作っているように思うのですが、本作はそれに該当すると思います。昔からのファンも最近ピロウズを知った人にもオススメです。

★4位:Meme『Alku Ringo』

◆Meme「Alku Alku」



茨城県在住のスリーピース音響系バンドであるMeme(ミーム)によるデビューアルバム。音響系を代表するシガーロスや新鋭であるカイト辺りをしっかりと研究しているなという印象を受けます。ただシガーロスほど毒や攻撃性を持っているわけではなく、他の日本の音響系バンドと同じようにアンビエントな方向に振られています。日本人離れした北欧っぽいメロディセンスと音響系の先輩バンドをしっかり研究して自分たちの血肉としている数少ないバンドだと思います。エレクトロニカ系のバンドであるarが現在活動している日本のバンドの中では音的に近いでしょうか。

★3位:TK from 凛として時雨『flowering』
◆TK from 凛として時雨「haze」



リズム隊、2人の存在感が何より凄い!!その2人とTKの手数の多いギターが合わさって、かけ算になっています。ハッキリと言って、凛として時雨以上のリズム隊自体が個性的で巧いので、小手先のリフに頼らなくても元からあったバンドのようなグルーヴ感が産まれています。本作は、凛として時雨以上に、ピアノや弦楽器が入る事によって、より映像を喚起するようなサウンドになってます。凛として時雨が好きな人はマストなアイテムです。

★2位:PERIDOTS『Follow the Stars』
◆PERIDOTS「異常気象」



デビュー時から知っている人は、まさかの2ndアルバムと思えるでしょう、それぐらいペリドッツ自体がマイペースな活動なので(笑)前作がライブで演った曲をそのままの勢いをどうパッケージするか?というところが目標だと勝手に思っているのですが、本作では、デビュー時からある曲から(♯1「海と塵」や♯4「異常気象」)、去年できた♯3「Teenagers」や♯10「andante」まで今までの総括的なアルバムになっています。また、弾き語りワンマンライブからの影響を還元したのか、アコギと彼のボーカルを中心に曲を構成していて、前作と比較するととても伸びやかで温かみのあるアルバムになっていると思います。タカハシの相変わらずのファルセットボイスとR&B寄りのボーカルスタイルが遺憾なく発揮されています本作は、前作以上にゆるい感じですが、何度もリピートしていくうちにジワジワと染み込んでいくようなスルメアルバムになっていると思います。

★1位:Psysalia Psysalis Psyche『#7』
◆Psysalia Psysalis Psyche「the United States of Psysalia」



本作リリースツアーファイナルで惜しくも解散してしまったPsysalia Psysalis Psycheのラストアルバムになります。 前作で基調としていた、UKの2000年代のガレージロックとツインボーカルという個性を軸にしているのですが、それだけに留まらずに、♯6「2.5D」みたいなサイケな曲も鳴らせるようになって闇鍋感がアップしています。また♯10「We Are The People」みたいな正統派な歌モノ(ちょっとビジュアル系バンドみたいなミックスですがw)の曲を歌ったりと今まで禁じ手にしていたポップな部分まで解禁していて、このバンドの底力が分かる音源になっています。また、ツインボーカルの掛け合いやギター、その他のパートの絡み合いが有機的でバンド感が素直に良い一枚です。もっとこういうカッコいい(泥臭いw)バンドが日本でも売れて欲しいなーと思わせてくれる音源でした。今年前半はかなりリピート率が高かった気がします。


次点では、plentyのフルアルバムがサポートが良かったのもあって、デビュー時からの独自の世界を研ぎ澄まして良かったです。その他もピープルやThe Earth Earthのデビューアルバムなど佳作が多かったです。紹介したもので聞き逃したものがあったら、是非とも手に取ってみてくださいね。

暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chaoscafe.blog17.fc2.com/tb.php/1036-72f10e5b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。