white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年上半期邦楽ベスト5
 2013年ももう半分終わってしまいました;かなり遅れてしまいましたが、邦楽の2013年上半期ベスト5をお届けします。今年の前半は洋楽の大御所のニュースが多くてなかなか全てを追えていなかったのですが、そんな中でも良盤五本に絞りつつ、選んでみました。

★5位:ハルカトミユキ『真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。』
◆ハルカトミユキ「ドライアイス」




 ギターボーカルのハルカのどこか椎名林檎を思わせるような情念系の声質とドロっとした鬱ロック系の歌詞、透明感のある声、ミユキの散発的に入ってくる鍵盤とあまり目新しい要素はないのですが、未完成な部分も含めてロックとしての純度は高いかと思います。このダサさやあざとさも含めて2000年代頭の歌姫ブームを思い出すこともあり、ちょっと懐かしいです。

★4位:星野源『Stranger』
◆星野源「化物」




 前作アルバムから二年近くリリースが空いているのですが、その間にも舞台やシングルを三枚発表したりと若手の中では生き急ぐような活動をしていて、そしてクモ膜下出血で入院し、そして活動再開後にリリースされた初のアルバムになります。シングル三枚を中心に正直、今までのアルバムニ枚と比較すると雑多な印象ですが、相変わらずというかあまり時代性の関係のないところで歌モノポップスを紡ぐのは流石です。純粋な歌モノの邦楽に絞ると上半期だと本作が個人的には一位だと思います。


★3位:matryoshka『Laideronnette』
◆matryoshka「Monotonous Purgatory」





 実は去年の末に発表されていた音源なのですが聞き忘れてたので、反則的に入れてしまいます。
 五年ぶりとなる音源でまだ活動していたんだ?という驚きとともに聴いてみましたが、前作の延長上の音ながらも少し繊細な感じになっていて、相変わらず完成度が高いです。ポストロック、音響系、エレクトロニカetc……などのワードが思い浮かびますが、物鬱げな女性ボーカルと、起伏のある展開をする美メロ、レイヤー状に散りばめられた多層的なノイズなど、それぞれが絡みあって、とてもドラマチックで内省的な曲を鳴らしています。World's end girlfriendやAureoleなどが好きな人はチェックすべき音源だと思います。完成度が凄まじく高い音源ながら、かなりアーティストしても個性も強いので、人を選ぶ音源です。


★2位:nhhmbase『3 1/2』
◆nhhmbase「無明の門」





 まず、五年ぶりに音源がリリースされるとは思わなかったので、素直に驚きました。そして、バンドは変わっても全く音楽性にはブレが生じていない。「波紋クロス」ほど人なつっこい感じの音源ではないのですが、相変わらずの変拍子と転調に悶える人が続出するでしょう(笑)
 ハッキリ言って、シーンから浮きまくっています。そして、構築美を更新しつつも、白昼夢的に狂っている部分はこのバンドでしか出来ないです。自分たちのペースで良いので長く活動して欲しいバンドです。


★1位:OGRE YOU ASSHOLE『confidential』
OGRE YOU ASSHOLE「フラッグ (alternate version)」





 アルバム前半はシティポップやダブっぽいアレンジで少し洒落た印象すら受けるのですが、一気に♯7「素敵な予感 (alternate version)」で聴き手を崖の下にたたき落としますwいや、こんなダークなオウガは音源だと初めてじゃないのかなーと思います。全く「素敵な予感」がしないアレンジなのが素晴らしい!!原曲好きな人ほど驚くかと思われます(笑)アルバム最後はデビュー時のオウガのような人なつっこい♯8「バランス」で巧く着地させますが、リアレンジされた楽曲群の尖りっぷりというか、DIY精神が彼らが敬愛するインディーズのUSギターバンドみたいで、良いですね。本作から完全にシフトチェンジした感じもあり、ズバ抜けています。オウガがこんなに進化するとは思わなかった。邦ロックでも、こんなにカッコいいバンドがあることを知って欲しいと思います。

 他に次点としては安定度抜群のGRAPEVINE辺りでしょうか。今年の前半は邦楽が傑作ではなく、人を選ぶ良盤が多かった気がします。少し市場変化を感じつつも、もう少しアンセム的にみんなが口ずさめる曲も聴きたいなーとも思います。

暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


tacica『HOMELAND 11 blues』
 札幌で結成されたスリーピースのロックバンド、tacica(タシカ)の2013年発表の4thフルアルバム「HOMELAND 11 blues」。前作である3rdアルバム「sheeptownALASCA」からは、ほぼ二年ぶりとなります。

 アルバムとの間で発表されたシングルである♯3「newsong」が大型アニメのタイアップが付いたこともあり、知名度的には広がったのかなーと思うのですが、メディア露出が少ないせいか、なかなかブレイクしないバンドというイメージですwメジャーデビュー以来、ワンマンライブは全てソールドさせているようなので、熱いファンは確実にいるのですが、バンド側のメディア露出へのこだわりから知名度的にレンジが狭いように感じます。また、ある程度のファンがいるとそこに向けて歌いがちなのが本人たちの方向性を狭めているようにも思います。
 本作もtacicaらしい曲が並んでいるのですが、良曲は多いがアンセムがないように思います。また、歌詞は♯3「newsong」の発表で吹っ切れたのかなーと思っていたのですが、逆戻りというか、より内省的な方向にいっています。♯5「大陸」、♯6「Empty Dumpty」などこの人達でしかありえないようなスローテンポな曲と♯4「Co.star」や♯8「From the Gekko」のようにテンポが速い曲に分けられるのですが、本作は後者のほうに力を入れているように思います。また、このアルバムに収録されている曲自体、原点回帰というか、メンバー3人で鳴らせる音に絞っているのか、音数が少なくなり、より猪狩の歌に焦点が合わされています。今までのtacicaが好きならマストですが、それ以外の新規のリスナーは辛いかもしれません。

「あれもない これもないと嘆いている
当たり前が 今は無いのが解からないのだ」(♯9「Fool's Gold」)

ベストトラック:♯4「Co.star」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽


Beat Connection『The Palace Garden』
 Jordan Koplowitz(ジョーダン・コプロウィッツ)と Reed Juenger(リード・ヤンガー)の2人を中心にシアトルで結成された4人組のバンドBeat Connection(ビート•コネクション)による2012年発表のデビューフルアルバム「The Palace Garden」。

 Drumsを送り出したMoshi Moshi レコードということで聴いてみました。先輩バンドであるDrumsの緩さと至福感を内包しながらも、MGMTのデビューアルバムのようなトロピカルなサウンドで夏休みな空気感と青春の甘酸っぱさを思わせる感じをアルバム一枚通して一貫していて、緩さが病みつきになりそうな感じです。80sな感じのシンセとコーラスの入り方、エレクトロ寄りのサウンドなど、ポップセンスとチープな感じのバランスが良いです。
 かなり今まで売れてきたバンドを研究してきたんだろうなーと思うところはあるのですが、それでも厭味なく多幸感を演出出来てしまうのは驚かされます。ただ、日本語盤はボーナストラックを含めて全20曲と盛りだくさんな感じなので、ちょっと食傷気味になる人も多いのではないか?と心配になりますw毒やこのバンドならではのものが本作では見当たらないのが気になるところではありますが、完成度や作風の一貫性といった意味ではもっと評価されるべきバンドのように思いました。次作では、この路線のままいくのか、もっと素に近いサウンドに戻るのか?楽しみです。MGMTやパッション•ピットが好きな人にはオススメです。

ベストトラック:♯2「The Palace Garden,4am」



オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


GRAPEVINE『愚かな者の語ること』
 日本を代表するスリーピースのロックバンド、GRAPEVINE(グレイプバイン)、2013年発表の12thアルバム「愚かな者の語ること」。オリジナルアルバムとしては前作である「真昼のストレンジランド」から二年半ぶりとなる待望のアルバムになります。

 最新のメンバー写真を見たら五人組になっていたので、メンバー増員か?と思ったのですが、メンバーは変わらず3人とサポート2人といった編成でした。ただ、今までもずっとサポートしてきただけあって、金戸覚と高野勲がガッチリと演奏面で絡んできているので実質、五人組の音源と言っても良いと思います。また、ひさびさのバンドのセルフプロデュース作品となっています。
 「MISOGI EP」でロック色を全開にしていたので、期待値は高かったのですが、GRAPEVINEとしての総決算的なアルバムとなっているかと思います。激しい曲、軽快な曲、ポップな曲etc……様々なタイプの曲があるのでコンセプトが決まったアルバムというよりも短編映画が集合したかのようなイメージです。でも、どの曲にも言えるのですが、この人らしいというか、歌詞があまり明るい歌はないです。その辺りはデビュー以来、ブレないですよね(笑)

 本作は、今の五人で出来ることを全てやってみよう的なアルバムではないかと予想されます。近年だと「Sing」のような完全な歌モノに徹するのではなく、各パートが有機的に絡み合い、バンドとして機能しているアルバムです。それにしても♯4「なしくずしの愛」は変拍子部分に彼ららしさを感じながらも、歌詞が凄いなと思いました。「草津の湯」をフツウに歌詞の中に入れながらも、その言葉に意味もシッカリと絡めてしまう感覚が若手では出来ないと思います。GRAPEVINEらしいアルバムなので、ファンは納得の出来なので、オススメです。

ベストトラック:♯4「なしくずしの愛」



オススメ度:★★★★



暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


Palma Violets『180』
 ラフ・トレードの創始者であるジェフ・トラヴィスが1曲だけ聴いただけで契約を決めたというロンドン出身の4人組のロックバンドPalma Violets(パーマ•ヴァイオレッツ)による2013年発表のデビューアルバム「180」。

 アルバム冒頭の♯1「Best Of Friends」はキラーチューンとして認められ、各地のフェスで引っぱりだこのようですが、♯1「Best Of Friends」は確かに良曲ですが、話題先行のハイプな感じが拭えませんwまず、引き合いに出されるリバティーンズですが、同じラフトレードの先輩というのと演奏に危うげがあるという意味では後継者ですwロックバンドでも、ガレージ寄りで本作もちょっとこもった感じの録音と生々しい演奏が売りになっています。オルガンの音がサイケな雰囲気を醸している部分は面白いのですが、ツインボーカルやざらっとしたギターなどはありがちでちょっと厳しいような気がします。そもそも、ラフトレードの関係者が薦めるものって話題先行が多いようで、個人的にガッカリなバンドも多かったです。誰とは言わないですが(笑)、4ADとかのほうがまだ音や美学のカラーがしっかりしている分信用が出来る気がします。

 このPalma Violetsも、アルバム一枚通して全11曲聴くのは厳しい感じがしました。♯1「Best Of Friends」を聴いて、期待値高い状態で、本作を聴くとがっかりする人が多そうなので、お節介兼ねて、紹介します。♯4「Rattlesnake Highway」みたいな勢いだけで突っ走る感じの曲のほうがあっているような気がするので、初期衝動というか、空中分解しそうなバンドが好きな人は気に入るかと思います。たぶん、聴き手の好みによって評価が分かれるバンドです。

ベストトラック:♯1「Best Of Friends」


オススメ度:★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


The View『Seven Year Setlist』
 スコットランド発の4人組のロックバンドであるThe View(ザ•ヴュー)による2013年発表のベストアルバム「Seven Year Setlist」。タイトル通り、デビューから、7年間、4枚のアルバムを総括したベストアルバムになります。

 デビューアルバムである「Hats Off To The Buskers 」で一気にブレイクした時はまだ十代だった彼らですが、まだ25歳という驚異的な若さなわけで、そんな彼らが解散もせずにコンスタントにレーベルと契約して音源を発表し続けたことが奇跡的なことだと思えます。若手のバンドは2枚程度で契約を切られたり、仲違いなどで解散に追い込まれるバンドが多いロックシーンにおいて、これだけ良質な曲を書き続けているバンドは少ないでしょう。でも、個人的には2ndアルバム「Which Bitch?」で管楽器の導入は未だに早過ぎたし、もっとデビュー作の剥き出しなままで勝負して欲しかったなーという思いは残りますが(笑)

 本作を聴いて、4thアルバムの曲や4曲ほど新曲が入っているのですが、デビューアルバムの時のような蒼いメロディとバンドである勢いを活かしていて原点回帰のように感じました。原点回帰と言っても、この7年間で演奏技術は随分と向上していますが、不思議と巧みさを感じないのが彼らの凄いところではないでしょうか。ロックの初期衝動的な部分と彼らにお客さんが求めているシンガロング出来るポップな部分の大切さを分かっている数少ないバンドです。また、UKのギターロックバンドのかなりの部分を占める、パブで酒を呑みながら聴いていてテンションが上がる曲という部分においてもw、彼らは優れています。特にカイルの歌声は年々磨きがかかってきているように思います。それにしても、やはり「Hats Off To The Buskers 」の曲はテンションが上がりますね。数年ぶりに聴いても、メロディを口ずさめたことには、驚きを覚えました。メロディ至上主義者にオススメなバンドです。
本作の日本語盤は2枚組となっていますが、ボーナスディスクは10曲入りと大盤振る舞いで未発表曲やライブテイクなどが入っているのでかなりレアな音源だと思いますので、迷ったら日本語盤のほうをオススメします。

ベストトラック:♯21「Standard」



オススメ度:★★★★☆



暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


2013年上半期洋楽ベスト5
 2013年ももう半分終わろうとしています;もはや恒例となっていますが、洋楽の2013年上半期洋楽ベスト5をお届けします。今年の前半は数年ぶりの新譜を発表した大御所が多くてなかなか絞りきれなかったのですが、名盤が多かったです。それでもなんとか五本に絞りつつ、発表しますっ!!

★5位:The Flaming Lips『The Terror』
◆The Flaming Lips「The Terror」




 アルバム一貫してこんなに悲しいリップスは初めてです。ボーカルのウェインの離婚なども影響しているのかもしれませんが、祝祭感が持ち味のバンドですが、ここまで一気に悲しみと諦念にハンドルを切るとは思わなかったです。エレクトロ寄りのリップスのアルバムの中ではな最高傑作と言って良いかと思います。ただ聴く人を選ぶアルバムなのでw、本作は数年後に評価されるんだろうなーと思います。

★4位:Sigur Rós『Kveikur』
◆Sigur Rós「Brennisteinn」




 メンバー脱退でスリーピースとなってから初めて発表された本作ですが、Sigur Ros(シガー・ロス)がこんなに攻めているのは数年ぶりじゃないでしょうか。シガー•ロスがブレイクして以降のポストロックのシーンは明らかに変わりました。そんな音響系の雄が初期衝動に身を任せたような生身の音でまるで「人間宣言」を行なったようで(笑)、ひさびさに心躍りました。メタルからの音楽的な影響も言及していた彼らがやっとそれすらも自分たちの音に取り込もうと貪欲に表現していった本作は、近年のバンドのイメージを変える良作です。

★3位:Primal Scream『More Light』
◆Primal Scream「2013」




 ずっと惰性で聴き続けている(笑)Primal Scream(プライマル•スクリーム)ですが、まさかの三度目のバンドの黄金期です。五年ぶりとなる本作はニューウェーブをベースにしながら、ファンク、ポストロック、R&R、ブルース、サイケロックなど様々なジャンルに曲ごとに寄り添いながらも全体としては混沌としています。このバンドは毎作そうですが、アルバム中盤までは凄いテンションなのに、半ば以降ダレるというのもほぼ伝統として受け継いでいますwでも、最後のほうで泣きメロのバラードが入っていて、ひさびさに飽きずに聴けるアルバムになっていると思います。今更、30年も活動しているこのバンドに心を動かされるとは思わなかったですが、5年ぶりにシーンにカムバックした2013年にバージョンアップした彼らの音は今聴いて欲しい。特にアルバム冒頭の「2013」のぶっ飛び具合が良いです。


★2位:My Bloody Valentine『M B V』
◆My Bloody Valentine「New You」




 1991年発表の2ndアルバムである「Loveless」から沈黙すること20数年、ついにこの日がやってきたのかーと感慨深く聴かせてもらいました。んま90年代初頭のままです。一見、時代のノイズが入っているのかと思いきや、そもそもがマイブラの音の集大成があのアルバムだった訳で、同じメンバーが演奏するのを前提に書かれている訳で変わらない。変わるのが良しとされるバンドもいる風潮の中で、これだけの年月を経てもブレないのは凄いです。ギターノイズが壁みたいにパートを作り、それをサポートするように交錯するベース、前のめりな感じの存在感抜群のドラム、気怠いように歌う男女混成ボーカル。音の密度やミックスまであのアルバムを彷彿させるので、「Loveless」を20数年聴き続けた人は感涙の出来なのではないでしょうか。まさかリアルタイムで新作が聴けると思わなかったので、そんな意味でもリリース自体が驚きでした(笑)

★1位:Suede『Bloodsports』
◆「Hit Me」




 解散から再結成を経てついに11年ぶりとなる新作となる本作。アコースティックで爽やかな5thアルバム「A New Morning」と活動停止前は音源を出す度に、賛否両論で今までの熱烈なファンの声に応えられるのか、疑問でしたが、本作ではギターを基軸とした黄金期のスウェードに戻っています。新しいものが求められる風潮がある中で、ほとんどのバンドは輝かしい過去より今を更新しようともがくものですが、ちゃんと自分たちがお客さんに何を求められているのか、冷静にジャッジできているように思いました。3rdアルバムまでのプロデューサーであるエド•ビューラーを指名したことも大きいかと思いますが、その頃のスウェードが好きな人にはたまらないアルバムになっています。日本人の琴線に響くメロディとブレットの絡み付くボーカル、メロディのサビとともに、ギターも別サビが入る展開など、この人達ならではの耽美ロックを味わえます。

 他に次点としてはまさかの新作リリースのボウイのアルバムとフェニックス辺りでしょうか。どちらもかなり良い出来だったので、入れるか迷ったの気になったら聴いてみてください。

暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。