FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



Keith Canisius『Beautiful Sharks』
 デンマーク出身のRumskib(ラムズキブ)のメンバーとしても活躍しているKeith Canisius(キース•カニシウス)による2012年発表の4thアルバム「Beautiful Sharks」。

 アルバム冒頭の♯1「Interesting Corners」のイントロから祝祭感全開でシンフォニック。しかもブラスやオーケストラを使うのではなく、ギターのフィードバックノイズとシンセで全て奏でているのは流石です。近年、インディーズロックシーンのシューゲイザーリヴァイバルとエレクトロサウンドが流行していますが、Keith Canisiusは五年ぐらい前から既にこのサウンドな訳で先駆けだと思います。また、そこから路線を変えるのではなく、どこまでシューゲイザーサウンドと打ち込みを有機的に融合していくのかに知恵を絞っている感じがして、派手に見えて、職人気質なところが良いですね。シューゲイザーでも色々なタイプがあると思うのですが、本作はギターノイズ自体はオーケストラ代わりに使っている部分と鍵盤のフレーズがクリアに聴こえる部分との緩急の付け方が巧みです。また、ボーカルもいかにも北欧ロックな感じの美メロとシルキーボイスで日本人好みな一枚に仕上がっていると思いました。本作の中盤に収録されている♯7「Where Did You Go All these Years」はかなりポップで北欧ロックな感じなので、万人受けしそうです。

 デビュー以来、大御所であるウルリッヒ・シュナウスからの影響を感じますが、本作でも巧く自分の持っているギターロック的な要素と融合していて、良盤です。シューゲイザー+エレクトロな感じの一枚ですが、気になったら聴いてみてください。

ベストトラック:♯7「Where Did You Go All these Years」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽