FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



GRAPEVINE『MISOGI EP』
 日本を代表するスリーピースのロックバンド、GRAPEVINE(グレイプバイン)、2012年発表の3rdミニアルバム「MISOGI EP」。

 前作のアルバム「真昼のストレンジランド」から、ほぼ一年ぶりとなりますが、デビュー15周年の節目に発表されたひさびさのミニアルバムになります。全6曲収録とコンパクトな分、それぞれの曲のカラーが立っている気がします。また、ここ二作のアルバムがかなり枯れた感じと言いますか、リズムやグルーヴのほうにシフトしていて渋かったのに対して、本作では再びヤンチャモードに戻ったようなザクザクしたギターが聴けて、モードチェンジしたのが分かります。歌のタイトルが日本語なのに、全てローマ字表記しているところが一番分かりやすい(笑)
 本作の冒頭の♯1「MISOGI」からザラザラした感触の音と好戦的な詞で長く聴いているファンほどニヤリとしてしまうのではないでしょうか。また♯3「SATORI」は亀井節全開で美メロと田中の繊細な詞も相まって、地味ながらも名曲です。彼らの今までの曲だと「指先」辺りを思い出します。最終曲である♯6「RAKUEN」も虚無的な開放感に溢れていて、非常にGRAPEVINEらしいと思います。

 全6曲ともに、亀井亮(美メロがかけるドラマーとして有名)が作曲しているので、バンドのメロディアス&切ない曲が聴ける佳作です。6曲という収録曲数が功を成したのか、バンドが良い状態なのか分かりませんが、今後のバインを語る上で転機となる音源なのではないでしょうか。

ベストトラック:♯6「RAKUEN」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽