FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



Brett Anderson『Black Rainbows』
 スウェードのフロントマン、Brett Anderson(ブレット•アンダーソン)の2011年発表の4thソロアルバム「Black Rainbows」。

 前作に引き続きプロデューサーはレオ・エイブラハムズが担当しました。スウェード再結成とそれに伴うフェス出演が思いのほか巧くいき、ノっている中で出される音源になります。アルバム冒頭の♯1「Unsung」のイントロからクリアなドラムの音が響いてきて、最初の数秒で今までのソロのモードからシフトチェンジしたのが伺えます。前作の管楽器を使った優雅な音とは違うギターロックを基調とした音に切り替わっています。バンドの編成も、ボーカル、ギター、ベース、ドラムというロックバンドの基本に立ち返りつつも、下敷きにあるのは新人バンドが出せないような前作の優雅な空気感です。
 バーナード•バトラーと和解したバンド、ティアーズの時もそうなのですが、多少クセのあるギタリストと組んだ方がこの人の粘っこいw歌い方が映えるような気がします。なんというか、クセがあるので、それを薄める材料が必要と言いますか(笑)本作もバーナードほどではないですが結構クセのあるギタリストがサポートしているのですが、それが功を成している気がします。やっとというか四作目にして、自分の居場所を再確認したのか、今までのソロ音源の中でブレットが一番のびのびと歌っているのが印象的です。また、物理的にもBPM自体がかなり早い曲が増えています。ただ、ブレットもサポートバンドも良い状態なのに、収録曲でキラーとなりうる曲がないのがちょっと残念な気がします。曲のクオリティの平均は高いのにソロデビューの時の「Love Is Dead」やティアーズの「Refugees」や「Lovers」に相当するアンセムがないのをどう捉えるのか?で評価が変わってくるアルバムです。
 余談になりますが、日本ではコールドプレイの新作と同発で全く注目されていなかったのが可哀想でした……タワレコのお兄さんにも忘れられてたよ;
 
ベストトラック:♯2「Brittle Heart」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽