white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


空中ループ『Walk across the universe EP』
 京都発の4人組の音響系ギターポップバンド、空中ループ、2011年発表のEP「Walk across the universe EP」。秋にリリース予定のアルバムに先駆けた4曲入りのEPになります。

 プロデュースはPolarisの大谷友介、エンジニアはROVOの益子樹の二人が手がけました。四曲ともにですが、レーベル移籍したこともあり、空中ループというバンド自体がかなり新機軸に挑戦しようとしているのが分かります。ボーカルの松井の透明感のあるファルセットが魅力だと思っているのですが、本作ではそこに頼らないようにアレンジにこだわっている印象を受けました。♯3「Dancin' in the rain」みたいなギターを分厚く重ねていくタイプの曲って、このバンドではなかったかと思います。また、♯4「ステレオ」ではかなりエレクトロニカ寄りに振っています。ちょっとサカナクションっぽい感じもしましたがw全体的にまだまだグルーヴ感とリフが弱い気がしました。

 空中ループというバンド自体、実は前々からブレイクすると言われていてなかなかブレイクしないバンドだったのですが(苦笑)、本作の路線でいく次のアルバムで化けて欲しいなーと思います。余談ですが、リードトラックとなる♯1「Traveling」はiPhoneだけで制作されたようです。インディーズは予算もないから、こんなアットホームな感じのもので工夫する方向にいくのかなーと思いました。


ベストトラック:♯1「Traveling」



オススメ度:★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


ふくろうず『砂漠の流刑地』
 東京を中心に活動する男女混成4人組のバンド、ふくろうず、2011年発表のメジャーデビューアルバム「砂漠の流刑地」。  

 インディーズで人気が上がっていたのですぐにメジャーにいくだろうと思っていたのですが、予想以上に早かったですね。相変わらずのベタベタなラブソングとしての歌詞とポップさ、ボーカルの内田の舌ったらずな感じが売りです。プロデュースはROVOの益子樹が手がけています。プロデューサー的に、カラー的にキーボードが全面のエレクトロニカ風味になるのかと思いきや、アルバム前半はインディーズ時代になかったぐらいギターを弾きまくっており、ロック寄りの新機軸を見せています。キーボードが少なくなった分、良い意味で隙間が余裕が生まれています。♯1「もんしろ」、♯2「砂漠の流刑地」、♯3「心震わせて」の三曲はそれが巧い具合に作用しています。
 ただやはり全体的に歌詞が幼いというか拙い感じが気になりました。本作「砂漠の流刑地」は、このふくろうずの顔とも言える、ボーカルの内田万里の声と歌い方が気に入るかどうかでかなり評価が割れるのではないでしょうか。

 少し残念なのは曲調が似ているものが多いので、10曲以上収録だと中盤で中だるみすることでしょうか。ふくろうずは、インディーズ時代から曲のクオリティとポップさには定評があるバンドなので、まだまだ今後に期待したいです。

「恨むのはやめた 神様は君だった
一途に思っていた 女の子だから」(♯2「砂漠の流刑地」)

ベストトラック:♯2「砂漠の流刑地」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽


The Strokes『Angles』
 NYで結成された五人組のロックバンド、The Strokes(ストロークス)、2011年発表の五年ぶりとなる4thアルバム「Angles」。
 
 2000年代の頭にホワイト•ストライプスとともにガレージロックリバイバルを牽引した雄ですが、メンバーのソロ活動3rdアルバムの方向性の迷走などでなかなか音源が出ませんでした。
 本作でもリードトラックとなる♯2「Under Cover Of Darkness」を聴いて、疾走感のある原点回帰な感じの曲でアルバムの出来にも期待していました。しかし、本作「Angles」を聴いて、かなり肩すかしだった。メンバーのソロ活動が良い方向にバンドに作用するかと思いきや、なんか曲やパートがバラバラな感じでストロークスのメンバー自身が、みんなが望む「ストロークス」像を必死でエミュレートしようとしているようなチグハグさを感じました。本作から曲を全員で書いているとのことだったので、それが悪い方向に出てしまったのかなーと。ブレブレです。
 また、アルバム通して、ギターもリズム隊も音自体が軽い感じで、後輩のフランツ•フェルディナンドのデビューアルバムを更にチャラくしたような感じで(♯5「Taken For A Fool」なんかもっと格好良くアレンジしそだなw)、ガッカリです。ストロークスの新作として聴かなかったら、悪くはないアルバムです。でも、ストロークスのデビュー時の衝撃を覚えている人にとっては、やはり駄作と言わざるおえないです。

ベストトラック:♯2「Under Cover Of Darkness」


オススメ度:★★★☆



暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


Adele『21』
 サウス•ロンドン出身のシンガーソングライター、Adele(アデル)、2011年発表の前作から三年ぶりとなる2ndアルバム「21」。

 前作は十代の時に作ったアルバムでしたが、もの凄く巧いハスキーなR&Bなボーカルが出てきたなーというイメージでしたが、本作でやっと全貌が明らかになります。アルバム冒頭の♯1「Rolling In The Deep」から、Adeleの声という世界が広がって、リスナーを引っ張り込みます。そのまま次の曲である♯2「Rumour Has It」でブルージーで包容力のある歌を聴かせてくれます。もうこの二曲で、名盤の予感がプンプンとします。
 相変わらずルックス的にアイドル的な売りが出来ない分、正面勝負にきたなーというのが感じられる潔いアルバムになっています。Adeleの歌ばかりに注目してしまいますが、曲自体も前作以上にポップな歌メロをもっていて、カントリーを基調にしていて聴き応えがあります。相変わらず恋愛の実体験から歌詞が生まれているのがちょっと乙女チックかなーという気もしますが、それによって大衆性を残している気がします。前作の延長線上の♯11「Someone Like You」のような曲もあるので、前作からのファンも安心です。歌の表現力が格別にあがっていて、抑制されて低域から高域にかけてキーを上げて行く時に出る陰のあるハスキーな感じに色気や哀愁を感じます。アルバム通して、明るい曲も暗い曲でもスケール感自体が上がっているなーということが三年という月日での成長なのではないでしょうか。

 まだ、彼女が22歳という事実にも衝撃を受けつつ、破格のボーカリストだと思いますし、今後もまだまだボーカルが進化していくことが楽しみなアーティストです。本作「21」は前作以上に色々な世代に聴かれるべき名盤だと思いました。気になったら、是非聴いてみてください。

ベストトラック:♯1「Rolling In The Deep」


オススメ度:★★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


クリープハイプ『待ちくたびれて朝がくる』
 下北沢を中心に活動する4人組のロックバンド、クリープハイプ、2011年発表のミニアルバム「待ちくたびれて朝がくる」。

 現在のメンバー編成に固定してから二作目の音源になります。タワレコでヤケにプッシュされていたので、気になって聴いてみました。ボーカルである尾崎世界観の耳に絡み付くようなハイトーンボイスが耳に残ります。ただ、一曲目からかなりのテンションなのでこの声は好き嫌いが分かれるかと思います。世界観は、下北沢の2000年代のSyrup16gやアートスクールなどの鬱ロックバンドを継承した上で、彼ら流に咀嚼している感じがするので、パクりバンドにはなっていません。ちょっと自己嫌悪な感じが強い感じもしますが。また、♯6「グレーマンのせいにする」とか、掛け合いのボーカルが面白いので、ツインボーカルにも今後の可能性を感じます。

 ただ、今活動しているバンドだとplentyとかカフカとかその辺りと比較するとメロディ、ボーカル共にかなりクセがあるのでw、ブレイクするかはこれからの曲にかかっている気がします。良いバンドだとは思うのですが、誰にでも届くようなキラーチューンがm未だにないのが痛い気がしました。クリープハイプ、良いバンドだと思いますし、本作「待ちくたびれて朝がくる」も悪くはないので、好きな人には届くと思いますが、ちょっと間口が狭いのが残念です。

「考えたって何も出てきてくれやしないよ
そりゃそうだ だって頭の中身はいつも空っぽじゃんか」(♯6「グレーマンのせいにする」)

ベストトラック:♯2「欠伸」


オススメ度:★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽


salyu x salyu『s(o)un(d)beams』
 ボーカリストとしてデビュー時から高い評価を集めていたsalyu がコーネリアスこと小山田圭吾と組んだプロジェクトsalyu x salyuによる2011年発表のアルバム「s(o)un(d)beams」。

 コーネリアスが全てのトラックとプロデュースを手がけ、作詞も元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎、いとうせいこう、七尾旅人など濃い布陣を迎えて作られました。salyu自体が完全に歌い手に徹しているアルバムです。salyuの前作アルバムである「MAIDEN VOYAGE」が初のセルフプロデュースだった反動でしょうか。正直、ここまで変な音が出来るとは思っていなかったw

 ボーカリストsalyuとしての声を素材のように使い音を構築しているのですが、多重録音などによりどの曲もsalyuだらけでリスナーによってはグッタリするかもしれません(笑)彼女のボーカリストとしての幅広い表現方法と声域は確かに魅力があり、唯一無二だということには疑いがありません。また、コーネリアス自体も相変わらずというか綿密な設計図を作ってから音に流し込んでいるようで、立体的な音像は素晴らしいです。しかし、それが合わさるとどうなのか?その辺りが予想通りというか、原色と原色が交わったかのようなサイケな感じになってしまいました。本作は少々、前衛過ぎたように思います。小林武史プロデュース時のsalyuが好きな人は多いかと思いますが、その人達にとっては辛いかもしれませんwついてこれる人は限られるかと思いますが、人によって名盤となるでしょう。個人的には、salyuのこのガチンコにぶつかっていく感じは好きです。

ベストトラック:♯4「Sailing Days」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


YOMOYA『Yawn』
 都内を中心に活動するスリーピースのロックバンドのYOMOYA(ヨモヤ)のに年ぶりとなる2011年発表の3rdアルバム「Yawn」。

 前作アルバムである「Yoi Toy」は、プレイヤー側からの評価が高かったシティポップにふった知的なアルバムだったのですが、本作ではドラマーの脱退によってかなりモードチェンジしてきた印象を受けます。USインディな感じにきってきたギターロックといった感じでしょうか。ギターの音が今までの音源以上にクリアなのが一番の違いでしょうか。本作では、冒頭の♯1「BABY」がヴァイオリンの音から始まるように、かなり大胆に変えてきています。♯4「プールサイド」なんて、ここまでベタな音をあのお洒落な感じのYOMOYAが鳴らすとは思わなかった(笑)
相変わらず日本語の響き方が、サニーデイ•サービスっぽいですね。

 ただ、今までのYOMOYAのファンが期待しているものと果たして同じものなのかどうかは疑問です。今までの歌謡曲な感じのメロディと浮遊感のあるエレクトロニカ寄りの隙間のある演奏というアンバランスさが影を潜めてしまったのが個人的には残念でした。アルバムとしては及第点、YOMOYAの新作としては肩すかしといった感じでしょうか。それにしてもデビュー時からブレイクしそうで、なかなかしないバンドなので聴いている側は、もどかしいですw

ベストトラック:♯1「BABY」


オススメ度:★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


小田和正『どーも』
 元オフコースのフロントマン、小田和正、2011年発表の8thアルバム「どーも」。

 オリジナルアルバムとしては、6年ぶりとなります。間に2枚のベストアルバムを挟んだので、本当にひさびさのオリジナル音源となります。シングルやCMタイアップで大部分の曲は既に聴いたことのある曲だったりしますが、アルバム一枚通すと流れがしっかりあってバラバラな印象は受けません。ひさびさに、アコースティックな歌モノな感じで原点回帰していて、オフコース時代からの古くからのファンもすぐに入って来れるアルバムになっています。

 日本語詞をここまでしっかりと発音して初聴で歌詞カードを見ずに言葉が入ってくるアーティストって最近だと希有です。歌っている事はポップスにありがちの前向きで恥ずかしくなるぐらいありきたりな内容ですが、小田和正の声とメロディに乗ると圧倒的な説得力をもって聴き手に迫ってきます。オフコース時代から40数年音楽シーンの中で生き残ってきたのは、半端ないです。相変わらず透明感のある声は更に年齢とともに磨かれ、高音域が出にくくなったのを相殺するように表現力を増しています。シンプルなバンド編成ほど、小田和正のポテンシャルが発揮出来る隙間が出来るので、今回のアルバムのアレンジは個人的にも正解だと思いました。サポートしている周りが豪華なのでボーカルが大きいと思う人もいるかもしれませんが、「歌モノ」であるのだから、問題ないでしょう。
 今回収録のシングル曲はもちろん、耳に残るのですが、アルバム内では特に♯8「さよならは 言わない」から、最終曲の♯10「東京の空」の流れがハイライトになっています。過ぎ去った時間を日常から切り取るという作業をここまで簡潔な言葉でサラリと歌ってしまうのに、「刺さる」のは技量だけではないと思います。相変わらず、どこを切っても小田和正な感じですが(笑)、良盤です。彼の声が好きなら、迷わず買いの一枚です。

ベストトラック:♯2「グッバイ」

オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽


Mint Julep『Mint Julep』
 東京を中心に結成されたスリーピースのアコースティックバンドであるMint Julep(ミントジュレップ)、2011年発表のデビューフルアルバム「Mint Julep」。

 活動自体は長いようなのですが、本作が初の全国流通盤になります。ライトなR&Bを基調とした歌モノポップスといったところでしょうか。全体的に、曲のアレンジもPVも80年代的なお洒落感を狙っている感じががプンプンしていますが、これはこれでアリなんじゃないでしょうか。
 曲はアルバム冒頭の♯1「Summertime」からもう夏モード全開で飛ばしていきます。近年稀にみるぐらい、ストレートな歌詞とストレートな歌い方なので新鮮ではありますが、歌詞はもう少しどうにかならなかったのかなーというのが正直なところです。内容的に学生的というか、青臭すぎるのと暑苦しいぐらいのボーカルの歌い方なので(歌巧いだろ的な自意識がブレスから、見え隠れしているのはどうかとw)、余計に耳から離れないのが諸刃な感じも受けます。そこが、かなり好き嫌いが分かれる点かと思います。♯4「Sailing My Heart」とかドリカムかよってメロディと懐かしいアレンジだし(笑)

 また、バンド編成で随分長いこと活動しているようなのですが、プロデューサーが介入し過ぎたのか、グルーヴ感が削られてしまった感じがします。ライブ映像など観るとリズム隊なしのアコースティックユニットなんだから、下手に全天候型のポップスにせずに、もっとハンドメイド感を出しても良かったのではないでしょうか。リズム隊がないことで活きることもあるので、その方向で出来ることを絞っていったほうが個性が出て面白かったのになーと。必要だったら、音楽のジャンル的にはリズムは同期でも良いわけですし。少し残念な感じがしました。ただ、本作がまだデビュー盤なので、次回作でどう化けるのか注目したいです。

ベストトラック:♯2「桃色バカンス」


オススメ度:★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽


The Horrors『Skying』
 サウスエンドで結成された五人組のロックバンド、The Horrors(ザ・ホラーズ)、2011年発表の3rdアルバム「Skying」。
 前作、「Primary Colours」がまさかのシューゲイザーの傑作アルバムとして高評価を得て、バンドとして同じプレイヤーとしての知名度も上げました。前作ではプロデューサーとしてポーティスヘッドのジェフ•バーロウが手がけたことでも話題になりましたが、本作では初のメンバーのセルフプロデュースをいう形をとっています。
 本作では相変わらず、マイブラなどのオリジナルシューゲイザーやドリームポップの影響が垣間見えるサウンドプロダクションですが、音自体が非常にクリアになっています。前作は、轟音を鳴らす中からサイケデリアを浮上させて、バンド自体が抑えられない衝動をコントロールしようと、もがいているイメージを覚えましたが、本作ではそれを巧くコントロール出来るようになったように思いました。

 より正統派のUKのギターロックバンドに接近したような、ポップさをもっています。メロディが90sだとスウェードとか最近の新人バンドだとグラスヴェガスがもっている耽美さや高揚感を得ています。前作の酩酊感が少し後退し、その分、熱を帯びるような陽性のメロディを得たとでも言えばいいのしょうか。特に、前作ではキーボードだか、ギターだか鳴っている音がエフェクターをかけ過ぎていて、分からない曲も多かったです。対して本作では、ちゃんとギターが「鳴って」いるのが認識できます。ノイズを隠れ蓑にするのではなく、ちゃんと演奏とメロディが全面に出てきてます。また、ファリスが描く歌詞も随分と分かりやすく、少し前向きになっています。デビュー時のゴシックかつガレージなバンドだったことが嘘のような大人っぽさですw
 前作「Primary Colours」が名盤だったので、それを期待すると肩すかしかもしれませんが、本作もしっかりと進化しているのが分かる良盤です。まだまだ、もう一化けしそうな感じがするので、ホラーズから目が離せません。

ベストトラック:♯6「‪Still Life‬」


オススメ度:★★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


2011年上半期ベスト5
 2011年もあっという間に半分終ってしまったので、上半期の個人的なベスト5など勝手に発表!!去年ぐらいから洋楽、邦楽の垣根自体がいよいよ崩れてきたのでw、混ぜてみました。見にくかったら、すみません。

★5位:PaperBagLunchbox『Ground Disco』
◆PaperBagLunchbox「Ground Disco」



もう新譜が出る事はなくずるずると解散かと思って出た、PaperBagLunchboxのニューアルバム。この人たち、デビュー時はかなり注目を集めていたんだけど、その後シーンから忘れられていました。売れっ子になってしまったサカナクションよりダンスロックを先に打ち出していたんだけど、本作では更にフロア寄りに方向性をふり、キーボードが見違えた良盤です。


★4位:踊ってばかりの国『SEBULBA』
◆踊ってばかりの国「SEBULBA」



じわじわと知名度を上げている踊ってばかりの国のデビューフルアルバム。サイケな部分とポップな部分を縦横無尽に歌声で繋ぐ唯一無二のボーカル。スカスカなサウンド。回顧主義なだけでなく、2010年代の音として鳴らしているのが良いです。しかも、まだ二十代頭なんだとか、そんな部分も含めて今後にも期待が出来るバンドです。


★3位:Acrylics『Lives And Treasure』
◆Acrylics「Sparrow Song」



目新しいことはないけど、デビューアルバムでこの完成度は凄いです。アコースティック楽器が入る隙間を残しつつ、センスの良いシンセの使い方がバランスが良いです。あまり日本では注目が集まっていないのが残念ですが、とりあえず試聴ぐらいは、して欲しいバンドです。


★2位:細野晴臣『HoSoNoVa』
◆細野晴臣「悲しみのラッキースター」



もう説明する必要は無いと思う大御所wアンビエントとかエレクトロニカとか流行りものの音楽が好きな彼が三十数年ぶりに歌モノのフィールドに戻ってきたアルバム。ボサノヴァを基調としつつも、その渋いボーカルと脇を固めるミュージシャンの名演が素晴らしい。大人の余裕を感じさせます。


★1位:Arctic Monkeys『Suck It And See』
◆Arctic Monkeys「Don't Sit Down 'Cause I've Moved Your Chair」



ビーディアイに続く、直球ロックなアルバム。今までのアークティックモンキーズのように奇をてらったリズムでも、まくしたてるようなボーカルでもない、非常にスタンダードな音の作りです。正直、ここまで歌モノに徹するとは思わなかったけど、まだまだ彼らが過去のバンドになっていないことを証明した名盤です。

今年前半は、ビーディアイやレディオヘッドなどの新作が出て、それなりなクオリティだったのですが、個人的には新人バンドのほうが面白かった前半でした。上記で聞き逃したアルバムがあったら、是非聴いてみてください。


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


Wild Beasts『Smother』
 イギリス、ケンダル出身の4人組ロックバンド、Wild Beasts(ワイルドビースツ)、2011年発表の3rdアルバム「Smother」。前作である2ndアルバム「Two Dancers」で一気に知名度を上げた注目のバンドです。

 相変わらず、ボーカルのファルセットの声とキャラクターの濃さでいうと記憶に残るバンドですが、前作から少し大衆寄りにした反動が出たのか、本作は音数を減らすこととミニマムなフレーズをループさせることにより、曲を構築しています。打ち込みのリズムが隙間を埋めるように構成されていて、かなり実験的でメロディーも相変わらずちょっと暗い感じではあるのですが、これだけ声のパワーがあるボーカリストも少ないので、巧い形で成立しています。声自体が弦楽器みたいに倍音を伴っているようにも感じるので、アレンジもアーティスティックになりすぎず、ポップな方向に極端に切っている訳でもないので、バランスが良いと思いました。ただ、前作「Two Dancers 」のほうがワイルドビースツの音源を初めて聴く人には入りやすかとも思います。

 日本語盤は、ボーナストラックが二曲、♯11「Smother」、♯12「Catherine Wheel」が追加されているのですが、どちらも良い曲なのになぜアルバムに収録されなかったのか不思議な感じです。これから買う人には日本語盤のほうをオススメします。

ベストトラック:♯7「Albatross」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


くるり『ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER 2』
 京都を中心に結成された二人組のロックバンドであるくるり、2011年発表の通算2枚目となるベストアルバム「ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER 2」。
前作のベストアルバムが2006年発表なので、2007年から2011年まで音源を総括したアルバムになります。

 二人組になってからのくるりの音源を集めたものですが、二人組を逆手にとって、オーケストラに走った7thアルバム「ワルツを踊れ Tanz Walzer」だったり、バンドというよりシンガーソングライター岸田のソロアルバムな雰囲気の8thアルバム「魂のゆくえ」、そして原点回帰のバンドサウンドとなった9thアルバム「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」などこの5年近い時間の中で随分と自由に、または迷走していたように感じましたが、本作を聴くと迷いを突っ切ったかのような潔さを感じれらます。♯3「さよならリグレット」の「いつから出てこない 魔法のメロディー あの頃を思い出そう」と歌っていたのが嘘かのような、アルバム初収録となる冒頭の♯1「奇跡」は、くるりのバンド史にも今後も残るであろう名曲です。音がこんなに少ないのもひさびさなのですが、引き算の美学というか、歌メロが立っています。また、シンプルで短い歌詞が、朴訥とした歌い方とハマり、グッときます。
 最新のアルバムである「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」というタイトルの時点でコンセプトアルバムであることを降りたんだなーというのは感じていたのですが、初期のあのメロディと剥き出しな感じのくるりが戻ってきています。♯10「最終列車」もこんなにアコースティックで爽やかな感じのギターリフは、ひさびさな感じがします(笑)

 また、本作でオリジナルとしては初音源化となる三曲、映画に提供した♯4「キャメル」、♯10「最終列車」、民謡のカバーの♯14「鹿児島おはら節」なども収録されていて、全てのアルバムを持っている人も買いの一枚だと思います。本作をもって、二人組のくるりから五人組になることがアナウンスされているのですが、バンドの状態自体が良さそうなのでどんな音を鳴らしてくれるのか、楽しみです。

「神様ほんの少しだけ 絵に描いたような幸せを
分けてもらうその日まで どうか涙を溜めておいて」(♯1「奇跡」)

ベストトラック:♯1「奇跡」


オススメ度:★★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


Ash『Intergalactic Sonic 7"s』
 北アイルランドで結成されたスリピースのロックバンド、Ash(アッシュ)、2002年発表のベストアルバム「Intergalactic Sonic 7"s」。

 バンド結成10周年という節目で発表されたベストアルバムですが、デビューから2002年に発表されたシングル全て収録、B面も収録とその総曲数が40曲越えという全く出し惜しみのないベストアルバムです。時系列的にはアルバム「Free All Angels 」でまたシーンの第一線に戻ってきた一番勢いのある頃に発表されているのもあるのですが、デビュー時から一貫して疾走感のあるギターロックを追求してきたことが分かります。また、デビューミニアルバム「Trailer」の曲は流石に小粒感は否めいないのですが、これを高校生の時に作っちゃうのが、やはりAshの他のUKのブリットポップバンドとの能力差を感じます。次の「1977」とかブリットポップというムーブメントの中でも名盤ですよね。

 ソングライターのティム•ウィーラーの安定感はあまりに評価されていない気がするのが何ですが(苦笑)特に4分以内の曲を書かせると安定感という意味では、実はイギリス随一なのではないかと思います。
 レディオヘッドがシーンに浮上してからは、純粋なギターロックの評価は、ブームに振り回されるように何度か浮上しては落ちるような曲線を繰り返しますが、オアシスみたいに波のあるバンドに比べるとコンスタントに良作を出し続けるAshは貴重な存在です。アルバムに未収録のシングルで発表された♯2「Envy」が聴けるのも本作の嬉しい点です。本作「Intergalactic Sonic 7"s」は、Ashというバンドの入門用に、またB面を収録しているので熱烈なファンも満足出来ると思います。

ベストトラック:♯2「Envy」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


Ariel Pink's Haunted Graffiti『Before Today』
 LAのアリエル・ピンク率いる4人組のロックバンド、Ariel Pink's Haunted Graffiti(アリエル•ピンクス•ホーンテッド•グラフティ)、2010年発表のアルバム「Before Today」。

 今までアニマル・コレクティヴが押す宅録の申し子的な扱いでカルトヒーロー的な立ち位置だった、アリエル•ピンクが4ADと組んで初めてリリースするスタジオアルバムになります。今までもアニマル•コレクティブ中心のフリーフォークシーンでも異端児な感じでアリエル・ピンクの存在自体は知っていたのですが、ローファイな録音やエキセントリックな感じの曲が多くて、馴染めませんでした。
 本作で初めて固定のバンド編成になり、やっとそれっぽい商業的な録音の形をとり(初期は8トラックのレコーダー)、聴きやすくなっています。甘いメロディとガシャガシャした感じのガレージで録ったかのような人間味のある演奏、フレーミング・リップスのウェインみたいなちょっとすっとぼけた感じのボーカル。ありそうでなかった感じが彼らが唯一無二なことを証明しているような気がしました。70sの音楽の臭いを感じるポップスなんだけど、万人に薦められるのを嫌うかのようにそこから一つ、二つ「外し」をいれたかのような曲がアルバム全編にわたって聴けます。アリエル・ピンク自体、何がポップであるかを分かっているし、本当に音楽を作る事が好きなんだろうなーというのが伝わってきます。どこか深夜枠で観た事があるような、ずっと荒野をボロボロの車で走り続けるB級のロードムービーのサウンドトラックみたいな甘酸っぱいアルバムです。

 それにしても、レーベルカラーとはかなり違うのにこのバンドと契約しようと思った老舗レーベルの4ADは、やっぱり凄いレーベルだと思いました。万人の耳に心地よく響く音楽ではないですが、一部の人にとっては世紀の名盤かと思います。気になったら聴いてみてください。

ベストトラック:♯2「Bright Lit Blue Skies」


オススメ度:★★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


0.8秒と衝撃。『Zoo & LENNON』
 塔山忠臣とJ.M.による男女二人組のロックバンド、0.8秒と衝撃。2009年発表のデビューアルバム「Zoo & LENNON」。

 音自体は、とてつもなくジャンガリーで剥き出しなんだけど、歌謡曲みたいなJポップ仕様の歌メロというちぐはぐな感じがたまりません!!モーモールルギャバンとか好きな人は、きっとグッとくるバンドだと思います。しかも彼らとちがって0.8秒と衝撃。は歌詞自体もストレートだから、インディーズ特有のアクの強さとかでそこまで嫌われる要素がない気がします(笑)
 なんかヤケに味のある演奏だと思ったら、女性ボーカル以外の全てのパート、ギター、ベース、ドラムなどをフロントマンの塔山が1人でこなしています。1人なのに、ガレージバンドみたいなグルーヴ感を出せているので、これはこれでアリだと思いました。演奏レベルが高くてズレがあまりないと逆にこれはつまらなくなると思いますwそれにしても、歌詞や歌メロから昭和歌謡な空気感をジワジワと感じて興味深い。ルサンチマンの塊みたいな歌を剥き出しで演る鬱ロック系のバンドは下北沢界隈で活動しているギターロックバンドには多いですが、塔山の描く歌詞はそこから一歩引いています。更に客観視されているので、あまり押し付けがましさがないのが良いです。

 0.8秒と衝撃。を始めとして、最近の日本のインディーズシーン自体、元ネタが何なのか分からない正体不明の雑食系のロックバンドが多くてシーン自体が面白いです。

「都会で生きるから、夏の朝とサヨナラする
夢なんてないけど、そんな僕が実は好きさ」(♯3「黒猫のコーラ」)

「八月の空 浮かぶ空の白さ
僕の寂しさ 締め付けてく」(♯8「この世で一番美しい病気」)

ベストトラック:♯1「POSTMAN JOHN」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。