FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



Beady Eye『Different Gear, Still Speeding』
 イギリスが世界に誇るロックバンド、オアシスからノエル•ギャラガーが抜けて残りもメンバーで結成された4人組のBeady Eye(ビーディ•アイ)による2011年発表のデビューアルバム「Different Gear, Still Speeding」。

 プロデューサーはU2やスミスなどのプロデュースで有名なスティーヴ・リリーホワイトを迎え作られました。オアシスが止まってから、精力的にリアムが動き出していたので、早いうちにアルバムが届けられることは予想できましたが、実際にリリースまでかなりスピーディでした。アルバムのほうも全員で作曲したようで、オアシス時代とは違う民主的な感じを受けます。そして、まだこんなに「若い」歌がリアムが歌えることとリアムが全曲歌っていることに驚かされました。90年代ほど高音が出ている訳ではないのですが、ここ数年のアルバムだと一番ベストな歌い方な気がします。
 正直、オアシスの後半の方はグダグダな感じがあって、アルバムも中途半端にサイケで微妙な印象を受けていたのですが、本作では敬愛するビートルズや勢いのあった頃のローリング•ストーンズ、ラーズ辺りを思い浮かべさせてくれるぐらいエネルギッシュで直球のロックンロールが鳴らされています。

 そして、フロントマンのリアムばかりに注目が集まりがちですが、元ライドであるアンディ・ベルがひさびさにギターを弾きまくって、更にゲム•アーチャーもオアシス時代に比べて自由に弾いているようで、それが音に瑞々しさを与えているように思いました。オアシス自体、良くも悪くも歌を主軸に添えた歌モノバンドなのですが、本作ではボーカル以外のパートも記名性が高くて生演奏であることを軸に置かれてるので、それによって、オアシスファンは不満があるかもしれません。でも、♯12「The Beat Goes On」の高揚感とかブリットポップ黄金期のオアシスのメロディみたいで名曲です。本作は、「ノエルがいたら」みたいな話が書かれがちだと思うのですが、ノエルがいないからこそ、ここまで瑞々しいアルバムが生まれたわけで、リアムを中心に残りのメンバーの意地を感じました。オアシスではないことを割り切れば、新人バンドとして破格のクオリティを誇るロックンロールアルバムだと思います。オススメです。

ベストトラック:♯3「The Roller」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽