FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



Spangle Call Lilli Line『forest at the head of a river』
 日本発の音響系スリーピースのSpangle Call Lilli Line(スパングル・コール・リリ・ライン)。2010年発表の9thアルバム「forest at the head of a river」。

 2010年は、「VIEW」に続く二ヶ月ぶり2枚目のアルバムとなり、近年例がないぐらい間髪のないリリースとなります。プロデューサーは、toeの美濃隆章とメンバーの共同プロデュースになります。前作「VIEW」やシングル「dreamer」で見せた躍動感を押さえて、いつものSpangle Call Lilli Lineに戻っていますw

 そして、今までの平均で最長ではないかという曲の尺です。全6曲入り、50分収録という、曲がインストやプログレバンド並の長さになっています。相変わらず、何を言っているのか初回で聴きとるのが難しい日本語、抽象的な歌詞、転がるようなスローテンポとこの人たちのイメージのままに再演している感じがします。ただ、曲が長くなっているのは、セッションを繰り返して曲を構築していると思われるので、長くともバンドらしさはしっかりと残っています。しかし、「dreamer」みたいに、Spangle Call Lilli Lineぽくない歌い方で日本語がシッカリ聴き取れるとか、そんな風な舵の切り方でも面白かったかと思いました。前作が革新的な内容だったたけでに、少し残念です。「VIEW」や「dreamer」に違和感を感じた古くからのファンは気に入る佳作かと思います。でも、ちょっと地味な感は拭えません(笑)

ベストトラック:♯2「sea of lights」


オススメ度:★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽