FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ASIAN KUNG-FU GENERATION『ワールド ワールド ワールド 』
 日本を代表するギターロックバンドになった、アジアン・カンフー・ジェネレーションことアジカンの二年ぶり通算四枚目のアルバム「ワールド ワールド ワールド」。
 全編、恥ずかしいぐらにポップかつ王道です。あぁ、相変わらずアジカンの音だなーと。デビュー時から、思ってるんだけどこの人たちの、無邪気なまでのポップさってのは、コマーシャリズムの淵をギリギリで歩いてる感じがして、ちょっと踏み外すと確実に痛いバンドになってしまう気がするのですが、この日本ではなぜかもの凄く人気があります。ギターリフが華やかで耳に残るからか、特にバンドマンにファンや信者が多い感じがします。確かに一聴しただけで、ギターパートはそれなりに頭に入ってきます。ボーカルよりメロディアス!!
そして、いつも新人に聴こえるような音の瑞々しさが彼らの売りでしょうか。今回もその点は変わらないので安心を♪
 歌詞的にアルバムタイトル通り「世界」を歌ってるんだけど、彼らはセカイ系としてでも有名な訳でどこまで、それが刺さるのか甚だ疑問でした。君と僕の世界から、どこまで外の世界に繋がれるのか?の実験というか。
♯8「ライカ」、♯12「或る街の群青」とかもそうだけど、接続先を求めて、「ここではない何処かへ」を必死で手繰り寄せようとしてるんだけど、「進め」とか「まだ、始まったばかり」とか抽象論でしかないんだよなぁ(苦笑)

「夢なら醒めた 僕らはまだ何もしていない」(♯2「アフターダーク」)の一節がアルバムの全てを表してる気がします。「何もしてないから」こそのスタートラインであり、今回のアルバムでそれに目覚めたのか、更に瑞々しさを纏った音になっている理由なのではないかと思う。でも、ベテランバンドの域に入ってしまった彼らが、そこに自覚的なことが救いか。今まで描いた世界にリセットをかけて、どこまで外に向かって届くのか?ミニアルバムでなく、次のフルアルバムでどう化けるかに期待しましょう♪

ベストトラック:♯2「アフターダーク」


オススメ度:★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ:j-pop - ジャンル:音楽