FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



My Chemical Romance 『The Black Parade』
 アメリカを代表するエモバンドとなった「マイ•ケミカル•ロマンス」の出世作である3rdアルバム「ザ•ブラック•パレード」。死がパレードとなって、病人を迎えに来るというコンセプトアルバム。
 クイーンの「オペラ座の夜」を彷彿とさせる曲の構成、装飾過多な感じがエモファン以外からも、支持を取りつけ、大ヒットを記録する。ロックオペラでありアルバムの物語を明確に打ち出している♯5「Welcome to the Black Parade」を聴けば、なぜ彼らが売れるか分かると思う。後半にかけて音が分厚くなって盛り上がる曲の展開、物語性が強く、主役の自分は「ただ祭り上げられてしまった」という立場の普遍性、ジェラルドの泣きのボーカル、これはエモを代表する一曲であり、クイーン的なものが今でも通用することを証明したということにおいて、大きな意味があると思う。
 ♯6「I don't love you」、♯8「cancer」、♯13「Famous Last Words」などメロディ重視で叙情性をもち、シンガロング出来る曲多し!!どの曲も、死という物語を中心に構成することによって、国や世代を越える普遍性を獲得した。エモが、なよなよしてるとか嫌っている人ほど聴いて欲しいアルバム。ボウイでいう「ジギースターダスト」、クイーンだと「オペラ座の夜」など好きな人はハマると思う。でも、PVとかのコスプレやメイクって日本のビジュアル系の影響だよなーフロントマンのオタク趣味全開ですな。その俗っぽさの分、マイナス☆一つ分(笑)

ベストトラック:♯5「Welcome to the Black Parade」(和訳付きで)


オススメ度:★★★★☆



暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽