FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



椿屋四重奏 『TOKYO CITY RHAPSODY 』
 椿屋四重奏のメジャー移籍第一弾アルバム、通算としては3rd。前作から二年半の時間が経ち、かなりバンドの方向性が変わったアルバムだ。今まで、フロントマンの中田は「艶ロック」と称して歌舞いていたのだが(笑)、メジャー移籍に伴い等身大の東京に生きている一人の青年といった視点から描いている。その分、今までのような歌詞の壮大な感じ&ロックに対する幻想はなくなり、シティロックといった感じの音になっている。安全地帯や井上陽水になりたいんだけど、まだ今まで築いたギターロックな感じの立ち位置はキープしときたいwみたいな半端な感じ。
 そこが、今回のアルバムの好き嫌いが分かれるところとも言える。個人的には、2ndの「薔薇とダイヤモンド」が歌謡ロックのこの世代の傑作だと思っているので、少し残念な感じではある。♯3、11などシングル曲は耳に残るが他の曲のアレンジやメロディが弱い。ただ、一つ、今回のアルバムは今までのアルバムに比べバンドとしてのグルーヴ感や一体感は確実に増している。バンドの状態は良いと思われるので、あとは名曲が生まれるかどうかだろう。

ベストトラック:♯3「恋わずらい」


オススメ度:★★★



暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽