FC2ブログ
white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



My Bloody Valentine『Loveless』
 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(通称、マイブラ)の「ラブレス」は今までのキャリアを通して、ケヴィン・シールズが頭の中に思い描いた完璧なギターノイズの結晶。たぶん、何度も気の狂うような行程の中で録音されてきたのでしょう。この1991年発売の2nd『ラブレス』の制作費が25万ポンドもかかり、クリエーションというオアシスやプライマル•スクリームを輩出した名門レーベルを倒産寸前まで追い込んだ問題盤でもあります。その後、気まずくなったのか、アイランドにレーベルを移籍、マイブラ名義では現在まで17年間沈黙。こういったアウトラインからも、どれだけ、この盤にエネルギーが費やされたか、想像できることでしょう。

 自分も、このレビューを何度も書いては、消しを繰り返してました。これは「黙って、ヘッドフォンで聴け」ってのが、一番だもの…レビュー、無力;
ベルリンの壁とか米ソ冷戦終結とか時代的なノイズの中で、レーベル側の圧力なども無視し、スタジオに籠って、ギターを爆音で歪ませて淡々とオーケストラを作る。完璧主義者か狂人か紙一重だよねえ。

 アルバム全体に言える共通点は、何層にも重ねられたギターノイズの中をビリンダの甘い声がゆっくりたゆたう。曲の進行とともに、ギターとボーカルが混ざり合い溶けてゆく。ささやくようなボーカルが轟音の渦の中に溶けるか溶けないかのギリギリのせめぎ合い……どこまで計算なのか分からないけど、ここではノイズさえも、キラキラと綺麗に聴こえる。

 マイブラは、ラブレスによって、シューゲイザーと言った音楽のフォロワーバンドを大量に生み出した。でも、この音を越えるバンドは未だに現れない。

 今年のフジロックに来るとかニューアルバムの噂が出始めてるけど、ここ数年そんな焦らしテクは、何度あったことか(笑)来なくても、古くからのファンは、もう慣れてる感じはします。ニューアルバムは、気長に待ちましょう。これは、文句なしに五つ★

ベストトラック:♯4「To Here Knows When」


オススメ度:★★★★★



暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽