white noise
聴いてる音楽とかオススメとか、時々は日常とか気ままに綴ってゆく。雑文読んでくれた人で、何か引っかかるものがあれば幸いです。
プロフィール

chaos cafe

Author:chaos cafe
ゆるりと書いていきます。好きな音楽のこととか、ありふれた日常とか。



最近の記事



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


geek sleep sheep『nightporter』
 L'Arc~en~Cielのyukihiroを中心に結成されたスリーピースのロックバンド、geek sleep sheepによる2013年発表のデビューアルバム「nightporter」。

 メンバーは、L'Arc~en~Cielのyukihiro、凛として時雨のベースの345、MO'SOME TONEBENDERのフロントマンであるkazuhiro momoの三人、更にシューゲイザーサウンドとのことだったので、期待して聴いてみたのですが、うーん、何とも言えない。ロキノンが好きそうなサウンドではありますが、シューゲイザーかどうか?といった質問があるとすれば、シューゲイザーっぽい曲はあるけど、どちらかと言うとオルタナロックというのが相応しい気がします。かと言って、MO'SOME TONEBENDERのぶっ飛んだニューウェーブな感じもないし、凛として時雨のような変拍子連続の構成でもないし……なんか、このメンバーから期待して聴いてしまうサウンドではない気がします。あえて言うなら、三人ともスマッシング•パンプキンズの「メランコリ〜」が好きなんだろうなーという感想でしょうか。ギターリフとか光る部分もあるのに、なんかカレーラーメンみたいな感じとでも言えばいいでしょうかwオススメメニューを出されたのに、これじゃない感が残念です。♯5「SANPO」はMO'SOME TONEBENDERっぽいけど、なんか成りきれていない感もしますし。

 シューゲイザーだったら、クライフとかルミナスオレンジとかもっと国内にも良いバンドはいるので、そちらを聴いたほうが良い。既にブレイクしたバンドのメンバーもスター選抜的に集めると、お遊びバンドになってしまうのは仕方がないのですが、課外活動でももっと挑戦して欲しいなーと思います。

ベストトラック:♯2「hitsuji」



オススメ度:★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽


Ropes『Usurebi 』
 東京を中心に活動するachicoと戸高賢史による2人組のユニット、Ropes(ロープス)による2013年発表のデビューミニアルバム「Usurebi 」。

 前身バンドであるKARENの解散後に始めたユニットですが、2年ほどかかってやっと初めての音源リリースになります。KARENが急な解散で、ART-SCHOOLのギターの戸高と再びユニットを結成したのは自然の成り行きな感じがしましたが、音がグランジやオルタナな感じのギターではなく、アコースティックなものが中心であったり、あまり歪みを重視していないギターなので、少し彼のイメージからすると新鮮です。achicoが相変わらずの母性的でハスキーなというか、個性的な声の持ち主なので、どんなバックトラックであろうと、彼女の色に染めあげてしまいますが、本作も予想通りな印象です。
 ♯2「usurebi」、♯5「パノラマ」辺りがachicoの声に戸高のギターが寄り添うように弾いていて、耳に残りました。ギター以外は予想通りな感じですが、少し地味な感じがするので、それが強力にプッシュしにくいというか、残念です。ただ、KAREN以上にachicoの声が前面に来ているので、好きな声であれば是非とも聴いてみてください。

ベストトラック:♯5「パノラマ」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


the band apart『街の14景』
 東京を中心に結成された4人組のロックバンドthe band apart(ザ・バンド・アパート)による2013年発表の2年ぶりの6thアルバム「街の14景」。

 相変わらずポストロックとミクスチャーロックを混ぜたような雑食サウンドとお洒落なメロディライン……イメージ通りの彼らの延長と言えます。ただ、本作は震災以降の音源から心境が変わったのか、ほぼ全曲日本語詞で歌っていることでしょう。あまり日本語詞に聴こえないような発音ではありますが、彼らのお洒落感が減退したような。喩えるなら90sのちょっと地味めなビジュアル系ボーカルのような感じとでも言えば良いでしょうか。お洒落とダサさが同居している感じ(笑)
 ただ、後ろの演奏やアレンジは流石。安定した演奏能力と音数の削ぎ方とかは、やはり偏差値が高い感じのロックです。前作と比較すると明るめの曲調が多くなったような印象を受けます。♯2「ノード」、♯4「夜の向こうへ」、♯13「8月」辺りが耳の残りますね。跳ねるようなカッティングのギターが印象的で演奏良いです。ただ、全体としては、やはり今までのファンは絶賛でしょうが、新規のリスナーにとっては敷居が高いような気もします。このバンドって演奏能力のほうに耳がいっていまう、歌モノバンドとしては珍しいバンドなので少し薦めにくいです。でも、プレイヤー側をはじめ、熱烈なファンが多いので、試聴して気になったらアルバムも手にとってください。

ベストトラック:♯2「ノード」


オススメ度:★★★★



暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽


ハルカトミユキ『シアノタイプ』
 立教大学の音楽サークルでハルカとミユキの2人によって結成されたデュオ、ハルカトミユキによる2013年発表のメジャーデビューフルアルバム「シアノタイプ」。

 メッセージ性やポップなメロディとのギャップで頭一つ、新人バンドから抜けたと思っていたら、早くもメジャーデビューです。正直ちょっとはや過ぎないか?という思いもあるのですが、ブレイクした頃の椎名林檎を更に暗くしたような感じで、世界観自体が売りと言えるかと思います。メッセージの一番大きい部分は、群れて生きることや常識への疑問符と言ったものが中心で目新しさ自体はほぼ皆無なのですが(Coccoほど病んではいないですw)、ポップで耳障りが良いメロディは少し90年代っぽくて、上の世代ほど懐かしいです。♯2「マネキン」ではシューゲイザー的なアプローチに挑戦したり、軽快なギターリフが気持ち良い♯5「Hate you」では明るい曲調に、「Hate you」という言葉を乗せたりと遊び心もあるので、飽きにくいのではないでしょうか。
 それにしても、ひさびさにみんなで盛り上がりにくいメッセージというか、アンチフェスな感じのアーティストなので(笑)、是非とも頑張って欲しいと思います。2000年代の下北界隈のギターロックにはこんな感じのメッセージ性を持ったバンドが多かったのですが、いつの間にか、四つ打ちで踊れることやみんなで歌えること自体のほうが主流になってしまいましたね。是非とも今のスタンスをメジャーのフィールドでも貫いて欲しいです。

「生きているってこんなにも 素晴らしいことなんだと、
画面の中でただ繰り返す いい加減、うるさいな。」(♯4「mosaic」)


ベストトラック:♯2「マネキン」


オススメ度:★★★★


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


bloodthirsty butchers『youth (青春)』
 吉村秀樹を中心とする4人組のロックバンド、bloodthirsty butchers(ブラッドサースティー・ブッチャーズ)、2013年発表の13thアルバム「youth (青春)」。

 前作から3年半ぶりとなるオリジナルアルバムですが、吉村秀樹が心不全で急逝してしまい、本作がラストアルバムになってしまいました。しかし、そんな感傷的な事実を吹っ飛ばすような名盤となっています。結成28年目で「youth (青春)」とタイトルを付けてしまう大胆さと名前負けしないような初期衝動と疾走感、でも若手には出せないような独自性や生々しさ!!オルタナロックド直球でありながらも、ライブをパッケージしたかのような新鮮さ……なんで、今更こんなキラキラとした音が鳴らせるのか?また、途中加入の田淵ひさ子のギターが吉村のギターパートと有機的に絡みあっていて、前作アルバム以上に更にバンド感が増しています。本人たちはラストアルバムになってしまうという前提で作っていないからこその、カラっとして感じ、ブッチャーズが戻ってきたなーというのが嬉しくなるアルバムです。
 ♯1「レクイエム」、♯3「デストロイヤー」、♯5「ディストーション」の三曲は文句無しに名曲です。青春が終わってしまったことを改めて確認してそれを惜しみつつも、前に進んで行く、そんなありふれたコンセプトのアルバムですが、それでも、音の説得力でこれだけ響き方が変わるんだなーと改めてその音の説得力の違いを感じました。正直、ブッチャーズはクセのあるバンドなので万人受けはしないでしょうが、少しでも気になったら、試聴だけでもしてみてください。もう新譜が聴けないのが残念ですが、最後まで孤高を貫いたバンドと言えるし、これがラストアルバムとなってしまったからこそ、記憶に残るのではないでしょうか。

ベストトラック:♯3「デストロイヤー」


オススメ度:★★★★☆


暇つぶしになったら、好きなのをポチッと♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。